« 冬の山陽新幹線 その9 | トップページ | 冬の山陽新幹線 その10 »

2013年1月31日 (木)

冬の木次線 その4

木次線に向かう途中の中国道の雪の具合や途中2回もタイヤチェックを受けたことから、これは間違いなく木次線は雪景色だと信じてしまい、この時のテンションは多分100パーセントオーバーだったような気がします。(笑) ところが庄原IC付近に着いてみると何故か雪が皆無。(@_@;) この時からちょっと嫌な予感が・・・そう、この嫌な予感が当たってしまうのです。 実際雪らしい雪があったのは油木、三井野原~出雲坂根付近までぐらいで、そこから広島側、島根側とも殆ど雪はありませんでした。 今回の寒波っていったいどこに雪を降らしたのでしょうね。←(少々怨節風)(笑)
↓画像は油木~備後落合間の朝一番の列車です。 ここは真っ白な風景を期待したのですが・・・せめて岩の上とかには雪が欲しかったなぁ~。(T_T)
Kisukisen_131
◆ 撮影日 2013年1月26日
◆ 撮影地 広島県庄原市西城町熊野→こちら

|

« 冬の山陽新幹線 その9 | トップページ | 冬の山陽新幹線 その10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の木次線 その4:

« 冬の山陽新幹線 その9 | トップページ | 冬の山陽新幹線 その10 »