2012年12月28日 (金)

紅葉の木次線 その11

数日前のBSで木次線が紹介されていました。^^; 番組ではおろちループ橋や出雲坂根駅の延命水のことや三井野原がJR西日本エリアでは一番高い駅であることも紹介されていましたが、私が最も目を引いたのは沿線にある亀嵩温泉でしょうか。 と、言うのも例のラッセル車を撮るための方法の1つが「沿線の近くで泊まって朝早く出掛けること」なのですが、比婆山温泉以外にも亀嵩温泉があるのは新たな発見でした。(*^^)v さて、比婆山にするか、亀嵩にするか・・・なぁ~んって、ラッセルがいつ走るかも分らないのに、こんなことで悩んでいること自体、能天気と言うか何と言うか。(笑)
↓画像は出雲坂根~三井野原間の三段スイッチバックの中段⇔上段部分を登坂する奥出雲おろち号です。
Kisukisen_1228
◆ 撮影日 2012年11月10日
◆ 撮影地 島根県仁多郡奥出雲町八川→こちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

紅葉の木次線 その10

やはり寒波が来るのは日曜日後半から月曜日にかけてのようです。 寒波の到来がもう一日半早かったらなぁ~。(>_<) クリスマスが駄目となると後は年明けの稲荷号に期待するしかないのですが、さぁ~て、稲荷号の時は幸運の女神様は微笑んでくれるのでしょうか。^^;
↓画像は三井野原~出雲坂根間の普通列車です。 大雪だったら思い切って木次線ってのも有りかも知れませんね。
Kisukisen_1221
◆ 撮影日 2012年11月10日
◆ 撮影地 根県仁多郡奥出雲町八川→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

紅葉の木次線 その9

↓出雲坂根駅に停車中の普通列車です。 ここ出雲坂根駅ですが、「奥出雲おろち号」が運行されている時には地元の農産物や焼鳥等を販売する店が出店しており、おろち号以外の観光客等も加わって結構賑わっているようです。 ちなみに焼鳥はOKかな、で、蕎麦弁当はと言うと・・・ちょっとこれは?マークが付くかも知れません。^^; それに駅の前には「延命水」なる名水も湧いていますので、もし時間があれば是非寄って見て下さい。
Kisukisen_1214
↓出雲坂根駅をループ橋上から見るとこんな感じになります。 さすが木次線内での高低差No1区間だけあって、列車からもの眺めもきっと雄大でしょうね。(*^^)v
Kisukisen_12142
◆ 撮影日 2012年11月10日
◆ 撮影地 出雲坂根駅周辺→省略

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

紅葉の木次線 その8

木次線のラッセル車を撮るには? って、未だ諦めていないようです。(笑) 時間的に高速を使っても雪道だと多分3~4時間はかかりそうだし、そうなると日付が変わる頃には出発しないといけないし・・・考えた末の選択肢は、①眼がシャキを飲んで夜中に出発(早寝早起きが身についているのでこれは無理かも)、②思い切って車中泊(零下10度になるところでは自殺行為か?)、③木次線周辺の宿泊施設に泊まる、④スパっと諦める(笑)の4つぐらいだと思いますが、現実的なのはやはり③でしょうね。
ただ、ネットで木次線沿線や備後落合周辺の宿を探して見たのですが、泊まれるところは殆ど無いようで、唯一あったのが比婆山温泉の民宿でした。 さて、ラッセル車が見たいという好奇心が勝つか、根性なしのゆる鉄精神が勝つか、暫く葛藤が続きそうです。(^_^;)
↓画像は三井野原~油木間の普通列車です。 ラッセル車を狙うとすればやはりこのようなかぶりつきポイントでしょうか。
Kitukisen_1211
◆ 撮影日 2012年11月10日
◆ 撮影地 広島県庄原市西城町油木→こちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

紅葉の木次線 その7

今週末は四国の土讃線の紅葉を狙っているのですが、連休初日はいきなり雨模様のようです。(@_@;) 今回のラストランと言い、どうも最近は天気に見放されているような・・・
↓画像は備後落合~油木間の木次行きです。 そう言えば先日のニュースで今年の紅葉の色付き具合について、東日本は遅め、西日本は早めだと言ってましたが、確かに山口線を見ると、昨年よりも1~2週間は早いようです。 紅葉のピークを予想するのは、ホント、難しいですよね。^^;
Kitsukisenn_1120
◆ 撮影日 2012年11月10日
◆ 撮影地 広島県庄原市西城町油木→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

紅葉の木次線 その6

やはり明日は雨のようですね。 こればかりは私にもどうしようもないので、諦めることにしますが、早めに雨が上がることを祈って、とりあえず行って見ようかと思っています。(^^ゞ 雨=撮影者が少ないような気もするし、ただ、こればかり行って見ないと分らないでしょうね。
↓画像は備後落合~油木間の出雲横田行きです。 枯れかけた紅葉の中に、ここだけ鮮やかな紅葉が残っていましたので、ここは車輌はサブで紅葉メインで撮って見ました。(*^^)v
Kitsukisen_1116
◆ 撮影日 2012年11月10日
◆ 撮影地 広島県庄原市西城町油木→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

紅葉の木次線 その5

未だ17日は雨模様のようです。 17日は紅葉狙いで山に登ろうと思っているのですが、雨模様だとちょっと迷いますよね。 せめて曇りだったら・・・あ、又愚痴を言ってしまいました。(笑)
↓画像は三井野原~油木間の備後落合行きです。 そう言えば今回の寒気の南下で、中国山地の山々が雪化粧したようです。 今日撮影に行った方は紅葉と雪のコラボが見られたかも知れませんね。 羨ましいなぁ~。(;´▽`A``
Kitsukisen_1114
◆ 撮影日 2012年11月10日
◆ 撮影地 広島県庄原市西城町油木→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

紅葉の木次線 その4

木次線では言わずと知れた超メジャーな定番ポイントですが、やはり来るのが1週間遅かったようです。 又の機会と言っても1年後・・・相手が自然だから仕方が無いとは言え、1年は長いですよね。
↓画像は備後落合行きの往路の「奥出雲おろち号」です。 右側に少しだけ残っていた真っ赤な紅葉が、枯れかけの風景の中でもちょっとしたアクセントになってくれました。(*^^)v
Kitsukisen_1113
◆ 撮影日 2012年11月10日
◆ 撮影地 広島県庄原市西城町熊野→こちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

紅葉の木次線 その3

いよいよ今シーズンのやまぐち号も残り1日だけとなりました。 当然ラストランとなれば混雑するのは覚悟しているのですが、問題は天気の方で、どうも17日は雨模様のようです。 まぁ、週間予報なので余り当てには出来ませんが、出来たら晴天とは言いませんので、せめて曇り程度に変わってくれないかと・・・^^; でも、雨のラストランって言うのも何となく趣きがあると言うか、記憶に残るラストランになるかも知れませんね。
↓画像は山口線とは全く関係のない木次線の備後落合~油木間の復路の「奥出雲おろち号」です。 いつも豆粒画像は多いので、この時はアップで撮って見たのですが、やはりDEだけでも国鉄色が良いと思うのは私だけでしょうか。(笑)
Kitsukisen_1112
◆ 撮影日 2012年11月10日
◆ 撮影地 広島県庄原市西城町油木→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

紅葉の木次線 その2

列車はどこ?って言われそうな画像ですが、奥の山の木々の間にちょっとだけ見えているのが分るでしょうか。(^_^;) 
↓画像は三井野原~出雲坂根間の出雲横田行きの普通列車です。 参考までに10日のおろちループ橋から見える紅葉はこんな感じでした。 全体的には三分の一ぐらいが落葉しているようですので、持っても今週末ぐらいが見頃の限界だと思います。
Kitsukisen_1111
◆ 撮影日 2012年11月10日
◆ 撮影地 島根県仁多郡奥出雲町八川→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

いすみ鉄道 2015年秋 その他の路線 その他の路線(信越・羽越・etc) 中国地方各線 2012年冬 中国地方各線 2012年春 中国地方各線 2012年秋 中国地方各線 2013年冬 中国地方各線 2013年夏 中国地方各線 2013年春 中国地方各線 2013年秋 中国地方各線 2014年冬 中国地方各線 2014年夏 中国地方各線 2014年春 中国地方各線 2014年秋 中国地方各線 2015年冬 中国地方各線 2015年夏 中国地方各線 2015年春 中国地方各線 2015年秋 中国地方各線 2016年冬 中国地方各線 2016年秋 中国地方各線 2017年夏 中国地方各線 2017年春 中国地方各線 2017年秋 中国地方各線 2018年冬 中国地方各線 2018年春 中国地方各線 2018年秋 仙山線 2010年秋 仙山線 2011年冬 会津鉄道 2010年冬 会津鉄道 2011年冬 会津鉄道 2011年秋 会津鉄道 2015年秋 会津鉄道 2016年秋 北上線 2009年秋 北上線 2010年秋 北部九州各線 2011年冬 北部九州各線 2011年夏 北部九州各線 2011年春 北部九州各線 2011年秋 北部九州各線 2012年冬 北部九州各線 2012年春 北部九州各線 2012年秋 北部九州各線 2013年夏 北部九州各線 2013年春 北部九州各線 2014年冬 北部九州各線 2014年夏 北部九州各線 2014年春 北部九州各線 2015年冬 北部九州各線 2015年夏 北部九州各線 2015年春 北部九州各線 2015年秋 北部九州各線 2016年冬 北部九州各線 2016年夏 北部九州各線 2016年春 北部九州各線 2016年秋 北部九州各線 2017年冬 北部九州各線 2017年夏 北部九州各線 2017年春 北部九州各線 2017年秋 北部九州各線 2018年冬 北部九州各線 2018年夏 北部九州各線 2018年春 北部九州各線 2018年秋 北部九州各線 2019年冬 北部九州各線 2019年春 南部九州各線 2011年夏 南部九州各線 2011年秋 只見線 2008年冬 只見線 2008年夏 只見線 2008年春 只見線 2008年秋 只見線 2009年冬 只見線 2009年夏 只見線 2009年春 只見線 2009年秋 只見線 2010年冬 只見線 2010年夏 只見線 2010年春 只見線 2010年秋 只見線 2011年冬 只見線 2011年春 只見線 2011年秋 只見線 2015年秋 只見線 2016年秋 只見線 2019年夏 只見線 2019年春 四国地方各線 2012年夏 四国地方各線 2012年秋 四国地方各線 2013年夏 四国地方各線 2013年秋 四国地方各線 2014年冬 四国地方各線 2019年春 大糸線 2008年冬 大糸線 2008年夏 大糸線 2008年秋 大糸線 2009年夏 大糸線 2009年春 大糸線 2009年秋 大糸線 2010年冬 大糸線 2010年夏 大糸線 2010年春 山口線 2011年冬 山口線 2011年夏 山口線 2011年春 山口線 2011年秋 山口線 2012年冬 山口線 2012年夏 山口線 2012年春 山口線 2012年秋 山口線 2013年冬 山口線 2013年夏 山口線 2013年春 山口線 2013年秋 山口線 2014年冬 山口線 2014年夏 山口線 2014年春 山口線 2014年秋 山口線 2015年冬 山口線 2015年夏 山口線 2015年春 山口線 2015年秋 山口線 2016年冬 山口線 2016年夏 山口線 2016年春 山口線 2016年秋 山口線 2017年冬 山口線 2017年夏 山口線 2017年春 山口線 2017年秋 山口線 2018年冬 山口線 2018年夏 山口線 2018年春 山口線 2018年秋 山口線 2019年冬 山口線 2019年春 山陰本線 2011年夏 山陰本線 2012年冬 山陰本線 2012年夏 山陰本線 2013年春 山陰本線 2014年春 山陰本線 2015年冬 山陰本線 2015年夏 山陰本線 2015年秋 山陰本線 2016年冬 山陰本線 2016年夏 山陰本線 2016年春 山陰本線 2016年秋 山陰本線 2017年夏 山陰本線 2017年秋 山陰本線 2018年冬 山陰本線 2018年夏 山陰本線 2018年春 山陰本線 2018年秋 山陰本線 2019年冬 岡見貨物 2012年秋 平成筑豊鉄道 2012年冬 平成筑豊鉄道 2012年春 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 磐越西線 2008年冬 磐越西線 2008年夏 磐越西線 2008年春 磐越西線 2008年秋 磐越西線 2009年冬 磐越西線 2009年夏 磐越西線 2009年春 磐越西線 2009年秋 磐越西線 2010年冬 磐越西線 2010年夏 磐越西線 2010年春 磐越西線 2010年秋 磐越西線 2011年冬 磐越西線 2011年秋 磐越西線 2019年夏 磐越西線 2019年春 米坂線 2008年冬 米坂線 2008年夏 米坂線 2008年春 米坂線 2008年秋 米坂線 2009年冬 米坂線 2009年夏  米坂線 2009年春 米坂線 2009年秋 米坂線 2010年冬 米坂線 2010年夏 米坂線 2010年春 米坂線 2010年秋 米坂線 2011年冬 米坂線 2011年春 米坂線 2019年春 米坂線 (在りし日) 趣味・グルメ・日記 趣味・日記 高山本線 2010年秋