« 紅葉の土讃線 その13 | トップページ | 旧可部線のキハ28 »

2012年12月11日 (火)

紅葉の木次線 その8

木次線のラッセル車を撮るには? って、未だ諦めていないようです。(笑) 時間的に高速を使っても雪道だと多分3~4時間はかかりそうだし、そうなると日付が変わる頃には出発しないといけないし・・・考えた末の選択肢は、①眼がシャキを飲んで夜中に出発(早寝早起きが身についているのでこれは無理かも)、②思い切って車中泊(零下10度になるところでは自殺行為か?)、③木次線周辺の宿泊施設に泊まる、④スパっと諦める(笑)の4つぐらいだと思いますが、現実的なのはやはり③でしょうね。
ただ、ネットで木次線沿線や備後落合周辺の宿を探して見たのですが、泊まれるところは殆ど無いようで、唯一あったのが比婆山温泉の民宿でした。 さて、ラッセル車が見たいという好奇心が勝つか、根性なしのゆる鉄精神が勝つか、暫く葛藤が続きそうです。(^_^;)
↓画像は三井野原~油木間の普通列車です。 ラッセル車を狙うとすればやはりこのようなかぶりつきポイントでしょうか。
Kitukisen_1211
◆ 撮影日 2012年11月10日
◆ 撮影地 広島県庄原市西城町油木→こちら

|

« 紅葉の土讃線 その13 | トップページ | 旧可部線のキハ28 »

コメント

こんばんは!!

いろいろと葛藤されてるようですね(笑)

私でしたら2番の車中泊を選びます。
しっかり対策をほどこせば全然問題ナシです

わたしは零下10度くらいなら普通に車中泊しちゃいますよ!!

ラッセル車は魅力満開ですね。

年始の稲荷号の前に、年末来木次線に行ってみようと考えてます!!

投稿: hamakaze | 2012年12月11日 (火) 22時46分

hamakazeさん、今晩は。(^^ゞ
>零下10度くらいなら普通に車中泊
えぇ~って、根性無しの私には多分と言うよりも絶対に無理だと思います。
夏だったら何とかなりそうですが、夏はラッセルは走っていませんよね。^^;
では、hamakazeさんの奮闘記を参考にさせて頂きますので、是非、ラッセル車の情報をお願い致します。m(__)m

投稿: 新米鉄ちゃん | 2012年12月12日 (水) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の木次線 その8:

« 紅葉の土讃線 その13 | トップページ | 旧可部線のキハ28 »