« 紅葉の土讃線 その8 | トップページ | 紅葉の土讃線 その9 »

2012年12月 2日 (日)

初冬の山口線 その1

なごり雪ならぬなごり紅葉の山口線です。 しかし天気予報では昨日(1日)はまぁまぁの天気のはずだったのですが、どうしたことか長門峡あたりからは冷たい雨が・・・(T_T) 結局途中でなごり紅葉の探索は止め、六日市の温泉→山賊経由で帰って参りました。 これも日頃の行いのせいなのでしょうか? 先日の土讃線といい、どうも最近は運に見放されているようです。
↓画像は仁保~篠目間の普通列車です。 この付近には見てのとおりぼちぼちですが、熟した紅葉が残っていました。
Yamaguchisen_122
◆ 撮影日 2012年12月1日
◆ 撮影地 山口県山口市仁保上郷→こちら

|

« 紅葉の土讃線 その8 | トップページ | 紅葉の土讃線 その9 »

コメント

こんばんは!!

ぼくも12/1は播但線へ撮影に出かけたのですが、雨にやられました(笑)

田代の直線の俯瞰でしょうか???

ぼくも来年は山口線の俯瞰にチャレンジしてみたく思います
しかし、行き方がわかりません(泣)

そろそろ雪のシーズンですね
播但線も標高の高い山はうっすら雪化粧でした。

投稿: hamakaze | 2012年12月 2日 (日) 19時51分

hamakazeさん、今晩は~。
ホント、天気だけはどうしようもありませんよね。^^;
>田代の直線の俯瞰
だと思います。 え~っと、確か田代直線まではOKでしたよね? 田代直線の定番ポイントの反対側に土手に上がる所があるのですが、もしかするとここが少々分り難いかも知れません。 トンネルから距離にして30~40mぐらいのところに土手の上に斜めに登れるところがあり、登ったところからトンネル上に向かって獣道が延びています。 トンネル上もポイントの一つですが、そのまま獣道を100mぐらい進むと右方向に分かれるやはり獣道がありますので、そこを右方向へ。(よ~く見ると分かれ道の木に赤色テープの目印があるはずです。) 更に100~150mぐらい進むと、今度は左方向に木々が疎らで明るく開けたようなところが見えて来ますので、この明るく開けた方向へ登って行くと、線路が見えるポイントに着くはずです。 でも、この説明ではやはり分り難いかも知れませんね。 この他にも行く方法はある見たいですから、ネットで検索すれば多分もう少し分かり易いルートが載っていると思います。 以上、参考情報でした。(*^^)v
 

投稿: 新米鉄ちゃん | 2012年12月 2日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の山口線 その1:

« 紅葉の土讃線 その8 | トップページ | 紅葉の土讃線 その9 »