« 紅葉の木次線 その6 | トップページ | 秋の山口線 その7 「ラストランSLやまぐち号」 »

2012年11月17日 (土)

秋の山口線 その6 「ラストランSLやまぐち号」

どうも期待し過ぎると裏切られることが多いようです。 午前中の雨は予想どおりだったのですが、まさか午後も雨になるとは・・・まぁ、大雨じゃなかっただけでも幸運だったのかも知れませんね。(^_^;)
↓画像は津和野~船平山間の通称「鳴滝」と呼ばれる山口線では定番ポイントを通過する復路の「SLやまぐち号」です。 ここの特徴は何と言っても線路際にある立派な銀杏の木のようですが、噂通りその存在感は抜群でした。 参考までに山口線沿線の長門峡~津和野間の紅葉は今がピークかも知れません。 2週間前はまさかこんなに早く進むとは思っていなかったのですが、最近の急な冷え込みが色付きを加速させたようです。
Yamaguchisen_1117
◆ 撮影日 2012年11月17日
◆ 撮影地 島根県鹿足郡津和野町町田→こちら

|

« 紅葉の木次線 その6 | トップページ | 秋の山口線 その7 「ラストランSLやまぐち号」 »

コメント

こんばんは!!

やまぐち号ラストラン撮影お疲れ様でした。

雨のおかげか、紅葉がきれいに写しだされていますね(笑)
くれぐれも風邪をおひきになりませぬようにご自愛くださいませ。

私は正月のSL撮影を予定しているのですが、
田代の直線へは冬場は行けるのでしょうか??

投稿: hamakaze | 2012年11月18日 (日) 01時19分

hamakazeさん、おはようございます。
>風邪をおひきに
お気遣いありがとうございます。 雨と言っても午後は小雨(お別れの涙雨?(笑))程度でしたので、余り濡れずにすみました。^^;
え~っと、冬の田代直線ですよね。 私も山口線2年目の新米ですので、はっきりしたことは分りませんが、これまでの(冬の只見や米坂)の経験から言わせて頂ければ、予想外の大雪でも降らなければ十分に行けると思います。 例の病院跡地まででしたら、途中に民家もありますので先ず車でも大丈夫でしょう。 そこから先は歩きになりますが、ここも多分大丈夫かと思います。 ただ、スタッドレスは必須ですが…明確な回答が出来ず申し訳有りません。m(__)m 

投稿: 新米鉄ちゃん | 2012年11月18日 (日) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の山口線 その6 「ラストランSLやまぐち号」:

« 紅葉の木次線 その6 | トップページ | 秋の山口線 その7 「ラストランSLやまぐち号」 »