« 秋の山口線 その7 「ラストランSLやまぐち号」 | トップページ | 紅葉の木次線 その7 »

2012年11月19日 (月)

秋の山口線 その8

定番の本門前踏切ですが、復路のポイントとして最後まで迷ったのが、鳴滝の銀杏とここ本門前、それに鷲原の三箇所。 散々迷ったあげく、見てのとおり遠景が余りはっきりしないので本文前は没、次の鷲原は柿の実の付き具合がやはり今ひとつなのでここも没。(笑) 消去法的に最後に残ったのが鳴滝でした。
↓画像は津和野~船平山間の特急「スーパーおき」?です。  実は往路は二反田か田代の山中、復路は牧ヶ野付近の山中で撮ろうと当初から決めていたのですが、午後になっても天候が一向に回復しないため、仕方なく牧ヶ野をあきらめ、鳴滝の銀杏になった次第です。(^^ゞ 説明がちょっと回りくどかったでしょうか。 でも、紅葉の色付き具合が思いの他綺麗だったこともあって、牧ヶ野で撮れなかったことがやはり心残りと言うか残念と言うか・・・まぁ、次回(来年?)に期待しましょう。
Yamaguchisen_1119
↓参考までに列車の近くの大きな木が鳴滝の大銀杏です。 暗い、モヤで遠くが見えないの二重苦がなければ、もう少し銀杏の黄色の鮮やかさが際立ったと思うのですが、天候だけはどうしようもありません。(T_T)
Yamaguchisen_11192
◆ 撮影日 2012年11月17日
◆ 撮影地 本門前踏切→省略

|

« 秋の山口線 その7 「ラストランSLやまぐち号」 | トップページ | 紅葉の木次線 その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の山口線 その8:

« 秋の山口線 その7 「ラストランSLやまぐち号」 | トップページ | 紅葉の木次線 その7 »