« 初秋の山口線 その35 | トップページ | 初秋の山口線 その37 「重連SLやまぐち号」 »

2012年10月31日 (水)

初秋の山口線 その36

山口線の煙ポイントとして期待出来るのは、往路の宮野~仁保~篠目、復路の津和野~船平山と篠目~仁保間だと思いますが、確率が高いと思われるのはやはり往路の仁保~篠目間ではないでしょうか。 25‰の勾配、トンネルの連続、etc etc 多分運転者さんにとっても最も過酷な区間かも知れません。(@_@;) 
↓画像は仁保~篠目間の往路の「SLやまぐち号」です。 通称田代直線と呼ばれるポイントですが、煙はご覧の通り・・・先ず期待を裏切ることはないようです。(*^^)v
Yamaguchisen_1031
◆ 撮影日 2012年10月27日
◆ 撮影地 山口県山口市仁保上郷→こちら

|

« 初秋の山口線 その35 | トップページ | 初秋の山口線 その37 「重連SLやまぐち号」 »

コメント

突然失礼します。
次の日曜日に、やまぐち号を撮影にいく予定にしております。
山口線の撮影地で検索していると、貴殿のブログに出会いました。
いろいろと参考にさせていただきます。

下り 仁保~篠目
上り 船平山~津和野

初めて撮影にいくので不安ですが楽しみです。

失礼いたしました。

投稿: hamakaze | 2012年11月 1日 (木) 00時13分

hamakazeさん、今晩は。
今週末の日曜日ですか、天気予報を見るとまずまずのようですね。 私も初めて山口線を訪れた時にはポイント選びに右往左往して、結果的に2~3枚程度しか撮れなかったと思います。(笑) hamakazeさんが狙っている上下のポイントとも山口線内では、爆煙ポイントの一つとなっていますので、是非迫力ある画像をゲットして下さい。 では、今後とも宜しくお願いします。(^^ゞ

投稿: 新米鉄ちゃん | 2012年11月 1日 (木) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の山口線 その36:

« 初秋の山口線 その35 | トップページ | 初秋の山口線 その37 「重連SLやまぐち号」 »