« 初秋の山口線 その17 「重連SLやまぐち号」 | トップページ | 初秋の山口線 その19 「重連SLやまぐち号」 »

2012年10月 9日 (火)

初秋の山口線 その18 「重連SLやまぐち号」

黄金色の稲穂が未だ残っていたため、篠目の山に登って見ました。 しかし、自分で言うのも何ですが自分の体力の無さには、ホント、情けなくなりました。(T_T) 元気が良かったのは最初の1/3か1/2・・・残りの急坂のロープ区間は息も完全に上がってしまい、4~5m登っては、「ぜいぜい、はぁはぁ」。 週一回はジムに通って、程々運動はしているつもりだったのですが、同じ年代と思われる方々にあっさり抜かれてしまうと、自分が情けないあら悲しいやら。 こう言う時のために普段からの体力作りは必須のようです。(笑)
↓画像は篠目駅で出発を待つ復路の「SLやまぐち号」です。 駅の周辺に集まっている人の多さが分るでしょうか。^^;
Yamaguchigou_109
↓この日は風が少々強く、それもフォロー気味の風だったため、若干嫌な予感はしていたのですが、こんな時の悪い予感って、何故当たるのでしょうね。
周囲の方々は「まぁ、これも又いいんじゃないんですか、明日もありますからね。」とか申しておりましたが・・・私は来年に期待するしかないようです。 でも、まぁ、こんな黄金色の風景を見られただけでも、本当は結構幸運なのかも知れません。(*^^)v
Yamaguchisen_1092
◆ 撮影日 2012年10月7日
◆ 撮影地 山口県山口市阿東篠目→こちら
※ 登坂路の途中からは相当な急坂(ロープ区間)になりますので、両手が使える状態で登った方が安全だと思われます。

|

« 初秋の山口線 その17 「重連SLやまぐち号」 | トップページ | 初秋の山口線 その19 「重連SLやまぐち号」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の山口線 その18 「重連SLやまぐち号」:

« 初秋の山口線 その17 「重連SLやまぐち号」 | トップページ | 初秋の山口線 その19 「重連SLやまぐち号」 »