« 早春の日田彦山線 その3 | トップページ | 筑豊電鉄 その7 »

2012年3月30日 (金)

平成筑豊鉄道 その28

逆光のススキも綺麗ですが、菜の花もなかなか捨てたものではありません。 花びらを透過する光が柔らかいのでしょうか。 よ~く観察して見ると、ちょっと癖になりそうな不思議な魅力を感じさせます。(笑)
↓画像は崎山~犀川間の行橋行きです。
Heiseichikuhoutetsudou330
◆ 撮影日 2012年3月28日
◆ 撮影地 福岡県京都郡みやこ町犀川柳瀬→こちら

|

« 早春の日田彦山線 その3 | トップページ | 筑豊電鉄 その7 »

コメント

こんばんは。
ススキは逆光で光るのでよくやりますが、菜の花は未体験です。
花びらが薄い桜だと、空と同化してしまうかもしれませんね?
採銅所で試してみます。

投稿: 佐々木 | 2012年4月 2日 (月) 00時23分

佐々木さん、今晩は~。
逆光の風景ですが、結構失敗作を連発してしまうと言うか・・・でも、たまに面白い風景を撮ることが出来るのが逆光の魅力かも知れません。

投稿: 新米鉄ちゃん | 2012年4月 3日 (火) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成筑豊鉄道 その28:

« 早春の日田彦山線 その3 | トップページ | 筑豊電鉄 その7 »