« 平成筑豊鉄道 その16 | トップページ | 冬の山口線 その7 「SL津和野稲荷号」 »

2012年2月15日 (水)

只見線を元気にする方法

と言うか、集客方法をちょっと考えて見たのですが、どうでしょうか、今の東北色?の車輌をタラコ色にするってのは? 全車輌でなくてもいいから、1~2編成だけでもタラコ色に戻してくれると、乗り鉄、撮り鉄さんも含めて、結構集客力がアップすると思うのですが・・・ ペイント替え程度だったら、それ程経費もかからないと思うし、東北、福島を元気にする意味でもいかがなものかと。(;´▽`A``
↓画像は一昨年前にタラコ色で運転された「ぐるり一周号」です。 キハ52や58が走っていた頃には見向きもされなかったタラコ色がこれ程脚光を浴びたのは多分この時が初めてでは?(笑) ちなみに定番の撮影地では「タラコでこれだけ人が集まるとは・・・」が合言葉でした。(≧∇≦)
Tadamisen_kawaguchihonmyou215
◆ 撮影日 2010年11月6日
◆ 撮影地 只見線第五橋梁→省略

|

« 平成筑豊鉄道 その16 | トップページ | 冬の山口線 その7 「SL津和野稲荷号」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 只見線を元気にする方法:

« 平成筑豊鉄道 その16 | トップページ | 冬の山口線 その7 「SL津和野稲荷号」 »