« 冬の山口線 その2 「SL津和野稲荷号」 | トップページ | 冬の山口線 その3 「SL津和野稲荷号」 »

2012年1月 3日 (火)

平成筑豊鉄道 その1

ローカルな話題で申し訳ありませんが、日田彦山線の田川伊田から日豊線の行橋間に「平成筑豊鉄道」なる支線が延びているいるのをご存知でしょうか。 今日は日帰り温泉巡りのついでに、少しだけその筑豊鉄道に寄って見たのですが、何と申しましょうか、又悪い虫(鉄虫)がウズウズしそうな風景が広がっていました。(笑) 
↓画像は明治28年に完成した、九州最古の鉄道トンネルで国指定登録文化財となっている「石坂第二トンネル」です。 実はウズウズ虫を騒がせたのは、このような石造り、煉瓦造りのトンネルなどの構造物を数多く見たからで、冬の充電期間は日帰り温泉巡りついでに文化財巡りなどをして見ようかなと・・・あ、柄にもないですかね。(;´▽`A``
Chikuhoutetsudou1_2
↓ちなみに「石坂第一トンネル」はこの奥にあるそうですが、今日は運悪くトンネルに近づける施設の休館日で、確認することは出来ませんでした。 しかし、何処かで見たようなトンネルだと思ったら、形が日田彦山線の金辺トンネルとそっくりですよね。 やはり当初は複線用と作ったのでしょうか。
Chikuhoutetsudou2
◆ 撮影日 2012年1月3日
◆ 撮影地 福岡県田川郡赤村大字赤→こちら

|

« 冬の山口線 その2 「SL津和野稲荷号」 | トップページ | 冬の山口線 その3 「SL津和野稲荷号」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成筑豊鉄道 その1:

« 冬の山口線 その2 「SL津和野稲荷号」 | トップページ | 冬の山口線 その3 「SL津和野稲荷号」 »