« 冬の山口線 その4 「SL津和野稲荷号」 | トップページ | 平成筑豊鉄道 その4 »

2012年1月12日 (木)

初冬の日田彦山線 その13

最近日田彦山線で捜し求めている黄昏ポイントとはこんな↓イメージです。 出来れば約1世紀の歴史を刻んだバックの廃セメント工場をもう少し大きく写せるところがベストなのですが、線路際に家屋や電柱があったりとなかなかで・・・(^_^;) そんな訳で次回はもうちょっと香春駅近くまで行って探して見たいと思います。
画像は採銅所~香春間の田川後藤寺行きです。 黄昏の中に佇む廃工場の風景から、昭和から現代に掛けての栄枯盛衰的なものを絵に出来ないかを考えているのですが、これもなかなか難しそうですね。(笑)
Hitahikosansen_saidoushokawara1
◆ 撮影日 2011年12月31日
◆ 撮影地 福岡県田川郡香春町大字高野→こちら

鉄道の話題からはちょっと逸れますが、田川郡大任町に「おおとう桜街道」という大きな道の駅があるのはご存知でしょうか。 日田彦山線や平成筑豊鉄道の撮影の際にはこの道の駅にある温泉施設等によくお世話になっているのですが、この道の駅の売りは(話題となっているのは)何と言っても一億円のトイレ!(笑) 何が一億円か、まぁ、それは行った時のお楽しみと言うことで・・・^^;
ちなみにバブリーなのはトイレだけではありません。 時期は限定的ですが、道の駅全周を囲うようなイルミネーションも一見の価値があるかもです。(*^^)v
Michinoeki1
このイルミネーションは今週末(15日)までのようですので、筑豊付近でバブリーな雰囲気を味わいたい方はお早めに。(笑) そうそう↓画像のようにクリスマスが終わっても大任には未だ居残りサンタが沢山いますよぉ。(^^♪ 
Michinoeki2
 

|

« 冬の山口線 その4 「SL津和野稲荷号」 | トップページ | 平成筑豊鉄道 その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の日田彦山線 その13:

« 冬の山口線 その4 「SL津和野稲荷号」 | トップページ | 平成筑豊鉄道 その4 »