« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

冬の日田彦山線 その6

週末の夕方に香春駅付近でカメラを持ってウロウロしている人を見かけたら、それは私です。(笑) さて、もう何週間通ったでしょうか。^^; だた、陽の沈む方向が徐々に変わって来ており廃工場と絡めるには限界に近付きつつあるし・・・そろそろ香春駅詣でもおしまいかな。
↓画像は廃工場に沈む夕日と香春駅に停車中の小倉行きです。
Hitahikosansen_kawaraeki131
◆ 撮影日 2012年1月21日
◆ 撮影地 福岡県田川郡香春町大字高野→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

平成筑豊鉄道 その11

崎山~源じいの森間にある「八幡神社」の灯篭などをちょっと絡めて見ました。(*^^)v 簡単に説明すると向かって線路の右側に鳥居があって、線路を渡った左側の山の上に境内があるようですが、時間と体力の関係から境内までは確認していません。(笑)
↓画像は行橋行きの「なのはな号」です。 天気が余り良くなかったのと、遠くが霞んでいたのが幸いしたのか、何となく落ち着いた雰囲気が出せたと思うのですが・・・いかがなものでしょうか。(;´▽`A``
Heiseichikuhoutetsudougenziinomoris
◆ 撮影日 2012年1月29日
◆ 撮影地 福岡県京都郡みやこ町犀川崎山→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

冬の日田彦山線 その5

今の時期、何で季節感を出そうかと・・・雪以外で冬の風景を演出できるものがないか、最近色々と探し回っているのですが、私の頭ではなかなか思い浮かびません。^^; やはり冬って言ったら「雪」ですよね。 はい、今日も雪乞い、雪乞い。(笑)
↓画像は西添田~豊前川崎の小倉行きです。 バックのトンネルは煉瓦造りの「真木トンネル」なのですが、ここのトンネルは複線ではなく単線用のようです。
Hitahikosansen_nishisoedabuzenkawas
◆ 撮影日 2012年1月29日
◆ 撮影地 福岡県田川郡添田町大字庄→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

平成筑豊鉄道 その10

平筑で渓谷発見~ヽ(´▽`)/ って言っても超ミニですが。(笑) でもどことなく(雰囲気的に)只見線の滝谷の渓谷に似ていませんか。 え、何処がって? え~っと、橋梁がちょこっとだけ見るとところとか、全体的な雰囲気とか・・・やはり無理がありますかね。(;´▽`A``
↓画像は源じいの森~崎山間の行橋行きです。
Heiseichikuhoutetsudou_genziinomori
◆ 撮影日 2012年1月21日
◆ 撮影地 福岡県田川郡赤村大字赤→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

冬の日田彦山線 その4

今週の強烈な寒波に引き続き、来週も今週並みか又はそれ以上の寒波が来るような予報が出ています。(@_@;) やはり巷で言われるように「ラニーニャ現象」のせいなのでしょうか。 そう言えば昨年も記録的な大雪だったような・・・確か只見線も結構運休していましたよね。 今年は未だそこまでは酷くはないようですが、何事もほどほどが無難なようです。(笑)
↓画像は香春~採銅所間の小倉行きです。 廃工場を中心とした黄昏風景を求めて香春付近をウロウロしているのですが、やはりすんなりとは行かないようです。(;´▽`A``
Hitahikosansen_kawarasaidousho127
◆ 撮影日 2012年1月21日
◆ 撮影地 福岡県田川郡香春町大字高野→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

初冬の山口線 その7 「SLクリスマスやまぐち号」

ライブカメラの映像などを見ると、山口線沿線も今回の寒波で真っ白に雪化粧しているようです。 でも、SLは走っていません。 やはり雪の中をSLを見て見たいですよね。 今年の冬は無理でしたが、果たして来年は「SL+雪」の景色がゲット出来るのか・・・あ、それよりも東日本へ異動になればいいのか。(笑) 
↓画像は地福長門峡~篠目間の復路の「クリスマス号」です。 雪が全く無かったものだから、車輌をアップで撮って見ました。(^_^;)
Yamaguchisen_cyoumonkyoushinome126
◆ 撮影日 2011年12月23日
◆ 撮影地 山口県山口市阿東生雲東分→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

平成筑豊鉄道 その9

平成筑豊鉄道からも3月のダイヤ改正が発表されたようですが、経費節減と言うことで、ナント、土日の運行本数が半減されるようです。(@_@;) 確かに経費節減も重要だと思うのですが、でもどうでしょうか、「経費節減のため減便」→「利用者が減少」→「減益」→「更に減便」の負のスパイラルに陥らないか少々心配なのですが・・・。
↓画像は赤~内田間の内田三連橋上を通過する直方行きです。 やはりカーブミラーがちょっとなぁ~って感じですよね。^^; 
Heiseichikuhoutetsudou_akauchida1
◆ 撮影日 2012年1月9日
◆ 撮影地 福岡県田川郡赤村大字内田→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

初冬の日田彦山線 その14

今、福岡地方でも雪が舞っています。 予報では平野部でも5センチ程度の積雪があるとか・・・と、言うことは日田彦山線沿線も一面の雪景色が期待出来るかも知れませんが、いかに言っても明日、明後日は休めそうもありません。 土日に降って降ってくれないかなぁ~とか期待しているのですが、やはり考えが甘いでしょうか。(;´▽`A`` 
↓画像は昨年のクリスマス寒波で真っ白に雪化粧した彦山~筑前岩屋間の風景です。 こんな風景を願わくばもう一度見てみたいと思っているのですが、これもやはり運次第でしょうね。 守護霊様、どうか宜しくお願い致します。m(__)m
Hitahikosansen_hikosanchikuzeniwaya
◆ 撮影日 2011年12月25日
◆ 撮影地 福岡県田川郡添田町大字落合→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

平成筑豊鉄道 その8

九州最古のトンネルをちょっとアップで撮って見ました。 本当はトンネル入口近くまで行って見たかったのですが・・・現在はどうも行くことは出来ないようですね。(^_^;) 
以下石坂トンネルを紹介する看板から→「豊洲鉄道は北九州と田川の産炭地を結ぶ鉄道として設立、1895年(明治28)年に行橋~伊田間を開業し、その後添田まで延長、この間1901年(明治34)年に九州鉄道に合併され、後に国鉄田川線となった。 この区間は将来の複線化を念頭に建設されたため、2本あるトンネルはいずれも複線断面で建設されたが、結果的には単線で使用したまま今日に至っている。 この2本のトンネルは又九州最古の鉄道トンネルとして記念すべき赤レンガの芸術作品であり、建設当時の姿を良好に保っている・・・(省略)」 と、まぁ、こんな感じです。  でも、文化財のプレート、見たかったなぁ~。(笑)
↓画像は崎山~源じいの森間の直方行きです。
Heiseichikuhoutetsudou_sakiyamagenz
◆ 撮影日 2012年1月21日
◆ 撮影地 福岡県田川郡赤村大字赤→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

今年のSL会津只見新緑号は

残念ながら春の臨時列車情報には載っていませんでした。(u_u。) もしかすると会津川口までは運転されるのではないかと思っていたのですが・・・。 川口駅にはターンテーブルもあるようだし、C11だったら後ろ向きでも走れるようなことも聞いていましたので、福島県復興の意味からも、ホント、残念で仕方がありません。 JRさん、追加発表でも良いですから、福島を元気にするためにもSLを走らせて下さるよう宜しくお願いします。o(_ _)oペコッ
↓画像は一昨年前の会津水沼~早戸間の「SL会津只見新緑号」です。 只見線、紅葉も素晴らしいですが新緑もなかなか侮ることは出来ません。 お勧めは大白川~田子倉~只見間なのですが、他の区間も心が癒されるような新緑が広がっていますので、仕事に疲れたら、心が疲れたら、のんびりと只見線の旅に出てみてはいかがでしょうか。(*^^)v
Tadamisen_24122
◆ 撮影日 2010年5月18日
◆ 撮影地 福島県大沼郡金山町大字水沼→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初冬の山口線 その6 「SLクリスマスやまぐち号」

今年のSLやまぐち号の運用予定が発表されたようです。 3月24日(土)からのようですが、年度末は忙しいし、今のところ行けるかどうかは未定かな。 ただ、日田彦山線の桜も見てみたいしなぁ・・・春は写すものがいっぱいあって嬉しいかも?です。(*^^)v
↓画像は徳佐~鍋倉間のやまぐち号です。 柿も撮りたい、出来れば十種ヶ峰も・・・二兎を追うもの一兎も得ずの見本みたいな失敗作ですよね。 結構悩んだあげくがこれでは、未だ々新米からは抜け出せそうもありません。(笑)
Yamaguchisen_tokusanabekura
◆ 撮影日 2011年12月23日
◆ 撮影地 山口県山口市阿東徳佐下→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

冬の日田彦山線 その3

最近黄昏の風景に凝っているような・・・^^; でも、色の無い季節に色を求めるとどうしても夕日になってしまいますよね。(笑) まぁ、あと二ヶ月の辛抱かな。 そうそう、今日源じいの森で何の木かは分りませんが、蕾がほころび始めていました。 桜?まさかねぇ~。(;´▽`A``
↓画像は香春~採銅所間の小倉行きです。 
Hitahikosansen_kawarasaidousho1
◆ 撮影日 2012年1月21日
◆ 撮影地 福岡県田川郡香春町大字高野→こちら  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

平成筑豊鉄道 その7

赤村にある有形文化財に指定されている内田三連橋梁です。 ナント!完成は明治28年と言いますから今から100年以上も前です。 そう言えば平成筑豊鉄道ではこのようなレンガ造りのアーチ橋を多く見ることが出来ますが、やはり明治時代に出来たものなのでしょうか。
↓画像は内田~赤間の行橋行きです。 本当はもうちょっと遠くから撮りたかったのですが、三連橋の直ぐ近くにカーブミラーや電柱があって・・・^^; ←(又言い訳)(笑) と言う訳で少々窮屈な構図になってしまいました。o(_ _)oペコッ
Heiseichikuhoutetsudou_uchidaaka1
↓寄って見るとこんな感じになっています。 凸凹なのは複線化に対応するためとか・・・石坂トンネルと言い、やはり当初は複線で計画していたようです。
Uchida3renkyou1
↓反対側はレンガではなく石造りになっています。 もしかすると複線化が完成していれば両端は石造りになっていたのかも知れませんね。
Uchida3renkyou2
↓アーチ橋内に掲げられている文化財のプレートが誇らしげです。(*^^)v
Uchida3renkyou3
◆ 撮影日 2012年1月9日
◆ 撮影地 福岡県田川郡赤村大字内田→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

平成筑豊鉄道 その6

これも多分柚子の木だと思うのですが・・・^^; やはり全く自信がありません。(笑) ただ、遠くから見ると夏みかんのようでもあるしなぁ。 そんなこんなで油須原駅近くにあった木も種類が分らなくなって来ました。
↓画像は源じいの森~崎山間の行橋行きです。
Heiseichikuhoutetsudou_genzinomoris
◆ 撮影日 2012年1月12日
◆ 撮影地 福岡県京都郡みやこ町犀川崎山→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

冬の日田彦山線 その2

黄昏の中に佇む廃工場の風景から、昭和から現代に掛けての栄枯盛衰的な風景を・・・頭の中では色々とイメージは出来ているのですが、これを絵にするのはやはりなかなか難しいようです。(;´▽`A`` 場所、時間、天気等々、これらの条件が全て揃うことは果たしてあるのかどうか、さすがに犬も歩き疲れて来ました。(笑)
↓画像は香春駅を出発する小倉行きです。 雑草と車がちょっと邪魔ですよね。 まぁ、ユンケルでも飲んで、又ボチボチ探検(ロケハン)に行って来ますか。^^;
Hitahikosansen_kawaraeki1
◆ 撮影日 2012年1月14日
◆ 撮影地 福岡県田川郡香春町大字高野→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

冬の山口線 その6 「SL津和野稲荷号」

「稲荷号」のアップを一枚。(*^^)v  右側には柿の実が・・・これは撮影時には気が付かず、PCで見て初めて分りました。(笑)
↓画像は仁保~篠目間の往路の「稲荷号」です。 未だ今年の運用予定は発表されていないようですが、例年であれば後2ヶ月ちょっとの辛抱でしょうか。
Yamaguchisen_nihoshonome2
◆ 撮影日 2012年1月2日
◆ 撮影地 山口県山口市阿東篠目→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

平成筑豊鉄道 その5

平成筑豊鉄道(田川線)ではもっとも鉄橋らしい鉄橋がこの今川橋梁かも知れません。 殆どが平野部を走っている田川線、その中でも崎山~源じいの森~油須原間がプチ山間部と言われる区間です。 この区間には田川線では貴重な^^;トンネルや橋梁があり、田川線のハイライト区間と言ってもオーバーではないような・・・あ、只見線と比較してはいけませんよ。(;´▽`A``
↓画像は崎山~源じいの森間の直方行きです。 車体にペインティングされているのは、平成筑豊鉄道のマスコットキャラクターの「ちくまる君」だそうです。
Heiseichikuhotetsudou_sakiyamagenzi
◆ 撮影日 2012年1月14日
◆ 撮影地 福岡県京都郡みやこ町犀川崎山→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

極寒の小倉岳登山^^;

大分自動車道の九重ICから九重高原に抜ける「四季彩ロード」の途中に「小倉岳」と呼ばれる山があるのをご存知でしょうか。 山容は円錐形、標高は770mのどこにでもある普通の山なのですが、この小倉岳の山頂から久大本線が俯瞰出来ると聞きちょっと登って見ました。(^^ゞ 登山と言っても時間は四季彩ロードから20~30分程度ぐらいなのですが、傾斜がキツイの何のって。 多分最後の数百メートルは30度前後の傾斜があったのではないかと・・・(@_@;)
↓画像は小倉岳山頂から見た豊後森方面の風景です。 いや絶景、絶景!
Kokuradake1
↓バックに目をやると雄大な九重連山が広がっています。
Kokuradake2
↓頂上にこんな標識も。 こんな標識を見ると映画「剣岳」を思い出してしまいますよね。(笑)
Kokuradake4
さてここからが本題です。 実はここで「ゆふいんの森号」を撮る予定だったのですが、待てど暮らせど肝心の「ゆふいんの森号」が現れません。(@_@;) まぁ、実際待ったのは通過予定時間+30分ぐらいだったのですが、この30分が長いの何のって。 結局寒さと雪混じりの強風に負け、通過前に山頂から退散してしまいました。(笑)
↓30分目を凝らして見ていたのは、画像の右下の久大本線です。 はい、目も結構疲れました。^^;
Kokuradake3_2
翌日確認したところこの日の「ゆふいんの森号」はどうも30~40分遅れていたとのことで、後10分我慢していたら撮影出来ていたと思うと悔しいやら情けないやら。 世の中こんなものかも知れませんね。(;´▽`A``

◆ 撮影日 2011年12月26日
◆ 撮影地 小倉岳山頂→省略

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の日田彦山線 その1

なごり柿が1月に入っても未だしぶとく残っているところがあります。 既に完全に実が落ちてしまった木もある中で、このしぶとさはホント感心感心・・(笑) もしかすると柿の種類が違うのかも知れませんね。
↓画像は香春~採銅所間の小倉行きです。 構図的にちょっと無理ぽい感じはしますが、この時期までしぶとく残っていた柿に免じてお許し下さい。(;´▽`A``
Hitahikosansen_kawarasaidousho1
◆ 撮影日 2012年1月3日
◆ 撮影地 福岡県田川郡香春町大字採銅所→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

只見雪祭り号

が今年も運転されるそうです。 ただ、会津川口~只見間は未復旧ですのでこの間は代行バスで運行されるとか。 そう言えば昨年も大雪で代行バスだったような・・・^^; 参考までに只見町の雪祭りですが、無料の振舞酒や野趣溢れる熊汁、うさぎ汁、鹿汁、それにちょっと癖のある岩魚の骨酒等々、普段の生活では食することが出来ないものが沢山ありますので、福島の復興応援も兼ねて、この機会に一度訪れて見てはいかがでしょうか。(*^^)v (↑の情報は過去に私が行って確認したものです。 今年についてはもしかすると異なるかも知れませんので、詳細は只見町等のHPでご確認下さい。)o(_ _)oペコッ
↓画像は昨年只見線で撮ったお気に入りの一枚です。 深々と降る雪の中を音も無く通過する只見線の列車が凄く印象的でした。 ホント、雪って音を消すんですよね。(驚)
Tadamisen_aizukawaguchi114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の山口線 その5 「SL津和野稲荷号」

↓こんな煙(水蒸気?)を見たら、やはり雪が欲しくなりませんか。(;´▽`A`` 真っ白とまでは言いませんので、せめて木々に着雪があれば絵になるんだけどなぁ~。 画像は長門峡駅を出発する復路の「稲荷号」です。 右に木が白かったらなぁ~。←(諦めが悪いらしい)(笑)
Yamaguchisen_cyoumonkyoushinome1
◆ 撮影日 2012年1月2日
◆ 撮影地 山口県山口市阿東生雲東分→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

平成筑豊鉄道 その4

「この木何の木、気になる木~♪」ってことで再度何の木なのかを確認して参りました。(^^ゞ じっくり観察したところ、どうも柚子の木のようです。 ただ、これもあくまでも「らしい」と言うことで、実際手に取って確認したわけではありませんので念のため。←(落ちている実を確認しても良かったのですが、いきなり「〇〇泥棒~」って言われたら大変ですもんね。)(笑)
↓画像は源じいの森~油須原間の直方行きです。
Heiseichikuhoutetsudou_genziinomori
◆ 撮影日 2012年1月9日
◆ 撮影地 福岡県田川郡赤村大字赤→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

初冬の日田彦山線 その13

最近日田彦山線で捜し求めている黄昏ポイントとはこんな↓イメージです。 出来れば約1世紀の歴史を刻んだバックの廃セメント工場をもう少し大きく写せるところがベストなのですが、線路際に家屋や電柱があったりとなかなかで・・・(^_^;) そんな訳で次回はもうちょっと香春駅近くまで行って探して見たいと思います。
画像は採銅所~香春間の田川後藤寺行きです。 黄昏の中に佇む廃工場の風景から、昭和から現代に掛けての栄枯盛衰的なものを絵に出来ないかを考えているのですが、これもなかなか難しそうですね。(笑)
Hitahikosansen_saidoushokawara1
◆ 撮影日 2011年12月31日
◆ 撮影地 福岡県田川郡香春町大字高野→こちら

鉄道の話題からはちょっと逸れますが、田川郡大任町に「おおとう桜街道」という大きな道の駅があるのはご存知でしょうか。 日田彦山線や平成筑豊鉄道の撮影の際にはこの道の駅にある温泉施設等によくお世話になっているのですが、この道の駅の売りは(話題となっているのは)何と言っても一億円のトイレ!(笑) 何が一億円か、まぁ、それは行った時のお楽しみと言うことで・・・^^;
ちなみにバブリーなのはトイレだけではありません。 時期は限定的ですが、道の駅全周を囲うようなイルミネーションも一見の価値があるかもです。(*^^)v
Michinoeki1
このイルミネーションは今週末(15日)までのようですので、筑豊付近でバブリーな雰囲気を味わいたい方はお早めに。(笑) そうそう↓画像のようにクリスマスが終わっても大任には未だ居残りサンタが沢山いますよぉ。(^^♪ 
Michinoeki2
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

冬の山口線 その4 「SL津和野稲荷号」

ちょっと風邪を引いたようです。 腹の調子もちょっとおかしいし熱も少々。^^; 今週末には例の黄昏ポイントのロケハンにも行かなければならないし早く治したいと思っているのですが・・・ まぁ、熱の上がり具合を見てもインフルじゃない見たいだから、それだけでもラッキーなのかな。(;´▽`A``
↓画像は津和野~船平山間の復路の「稲荷号」です。
Yamaguchisen_tsuwanohunahirayama1
◆ 撮影日 2012年1月2日
◆ 撮影地 島根県鹿足郡津和野町中座→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

平成筑豊鉄道 その3

雪無し、色無しのこの時期に夕焼けだけが私の味方でした。(笑) ↓画像は油須原~源じいの森間の行橋行きです。 実はこの黄昏の風景を香春駅付近にある廃セメント工場を絡めて何とか撮ることが出来ないか、先週からボチボチロケハンを開始しているのですが、やはり簡単には見つかりそうもありません。(;´▽`A`` 確かにそんなポイントがあったら皆さんもう撮られていますよね。 でも、諦めませんよ、犬も歩けば棒に当たるですから。(笑)
Heiseichikuhoutetsudou_yusubaragenz
◆ 撮影日 2012年1月9日
◆ 撮影地 福岡県田川郡赤村大字赤→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

初冬の日田彦山線 その12

撮影の際にはなるべくその時々の季節感を出そうを思っているのですが、九州だとこれがなかなか・・・^^; と、言うのも、春は桜、菜の花や新緑、初夏は紫陽花、秋は紅葉や柿、そして冬は雪等々、これまでは季節感を演出するアイテムには比較的困らなかったのですが、ところが九州では肝心要の雪がありません。(笑) 冬と言えば・・・どう考えてもやはり雪ですよね。 私の頭が固いのか、雪以外に冬のアイテムが浮かばないのですが。(;´▽`A`` 
↓画像は大行司~筑前岩屋間の金剛野橋を渡る田川後藤寺行きです。 ここで金剛野橋のうんちくをちょっとだけ。 え~っと、この金剛野橋ですが全長は71.2m、高さ14mの多連アーチ橋で日田彦山線に架かっているアーチ橋の中ではその姿が最も美しいと言われているそうです。←(受売りです)(笑)
Hitahikosansen_daigyouzichikuzeniwa
◆ 撮影日 2011年12月25日
◆ 撮影地 福岡県朝倉郡東峰村大字宝珠山→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

初冬の久大本線 その5

久大本線の定番ポイントを俯瞰撮影して見ました。 この時は完全な逆光でしたが、まぁ、撮影地の確認は出来ましたので、もし機会があれば次は順光でトライして見たいと思います。(*^^)v
↓画像は天ヶ瀬~豊後中川間の特急「ゆふ」です。
Kyuudaihonsen_amagasebungonakagawa1
◆ 撮影日 2011年12月26日
◆ 撮影地 大分県日田市天瀬町合田→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

初冬の山口線 その5 「SLクリスマスやまぐち号」

光るかなぁ~って期待していたのですが・・・ピカリはちょっぴりだけでした。^^; 角度的なものもあるのかも知れませんが、イメージ通りの風景を撮るのはなかなか難しいようです。
↓画像は渡川~長門峡間の復路のやまぐち号です。 
Yamaguchisen_watarigawacyoumonkyou1
◆ 撮影日 2011年12月23日
◆ 撮影地 山口県山口市阿東篠目→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

平成筑豊鉄道 その2

一見、柿のようですがどうもみかんのようです。 夏みかんのようでもあるし、夏みかんとしてはちょっと小さいような気もするし・・・要するに何の木かは全く分りません。(;´▽`A`` 
↓画像は油須原~源じいの森間の行橋行きです。 ホント、何の木なのでしょうね。 この木何の木、気になる木~♪(笑)
Heiseichikuhoutetsudou2
◆ 撮影日 2012年1月3日
◆ 撮影地 福岡県田川郡赤村大字赤→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初冬の久大本線 その4

黄色を見ると何故か「ほっ」とするのは何故なのでしょう。 冬枯れの色のない風景でも、こんな可愛い車輌を見るとちょっと暖かくなるから不思議です。(笑) 黄色って、人を元気にする何かがあるのかも知れませんね。
↓画像は天ヶ瀬~杉河内間の豊後森行きです。
Kyuudaihonsen_amagasesugikawachi1
◆ 撮影日 2011年12月25日
◆ 撮影地 大分県日田市天瀬町赤岩→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

初冬の日田彦山線 その11

今年(今年度)の冬の課題の一つは日田彦山線にあるアーチ橋の雪景色をゲットすることなのですが、なかなか思い通りにはならないようです。(笑) 寒波は寒波でも超強烈な寒波でも来ないと、九州で真っ白な雪景色を期待することは無理なのかも知れませんね。
↓画像の列車は筑前岩屋~大行司間の日田行きです。 この日はクリスマス寒波の影響から彦山~筑前岩屋間の峠付近にはそこそこの積雪があったのですが、峠から大行司まで降りて来ると積雪は皆無。(@_@;) 距離にしたらほんの数キロなのですが、これだけ劇的に風景が変化すると「アレ~雪は本当に降ったのぉ?」って感じですよね。(笑) 果たして日田彦山線で只見線のようなどっぷりとした雪は期待出来るのか否か・・・こればかりは誰にも分らないか。(;´▽`A``
Hitahikosansen_chikuzeniwayadaigyou
◆ 撮影日 2011年12月25日
◆ 撮影地 福岡県朝倉郡東峰村大字宝珠山→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

冬の山口線 その3 「SL津和野稲荷号」

又雪の禁断症状が・・・^^; 昨年まではこの時期であれば何時行ってもどっぷりした雪景色を見ることが出来たのですが、今年は未だ目にしたことはありません。 雪が、雪が、雪が恋しいぃ~。(≧∇≦) と言う訳で、先週から只見線や磐越西線沿線のライブカメラを見ては悶々としています。(笑)
↓画像は鍋倉~徳佐間の往路の「稲荷号」です。 ここでは結構見応えのある柿木がありましたので、とりあえずこの柿木メインで撮って見ましたが・・・どうでしょう、こんな風景にはやはり雪が必要だとは思いませんか。
Yamaguchisen_nabekuratokusa1
◆ 撮影日 2012年1月2日
◆ 撮影地 山口県山口市阿東徳佐下→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

平成筑豊鉄道 その1

ローカルな話題で申し訳ありませんが、日田彦山線の田川伊田から日豊線の行橋間に「平成筑豊鉄道」なる支線が延びているいるのをご存知でしょうか。 今日は日帰り温泉巡りのついでに、少しだけその筑豊鉄道に寄って見たのですが、何と申しましょうか、又悪い虫(鉄虫)がウズウズしそうな風景が広がっていました。(笑) 
↓画像は明治28年に完成した、九州最古の鉄道トンネルで国指定登録文化財となっている「石坂第二トンネル」です。 実はウズウズ虫を騒がせたのは、このような石造り、煉瓦造りのトンネルなどの構造物を数多く見たからで、冬の充電期間は日帰り温泉巡りついでに文化財巡りなどをして見ようかなと・・・あ、柄にもないですかね。(;´▽`A``
Chikuhoutetsudou1_2
↓ちなみに「石坂第一トンネル」はこの奥にあるそうですが、今日は運悪くトンネルに近づける施設の休館日で、確認することは出来ませんでした。 しかし、何処かで見たようなトンネルだと思ったら、形が日田彦山線の金辺トンネルとそっくりですよね。 やはり当初は複線用と作ったのでしょうか。
Chikuhoutetsudou2
◆ 撮影日 2012年1月3日
◆ 撮影地 福岡県田川郡赤村大字赤→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の山口線 その2 「SL津和野稲荷号」

高速道路が通行止めになったと言うことは・・・もしかすると山口線は大雪かもとか、着く前は少々甘い考えを持っていたのですが、沿線の雪はほんの気持ち程度。^^; まぁ、実際のところ冬の新潟~福島地方程度の雪が降ったら、多分国道も通行止めになるような気もするのですが。(笑)
↓画像は仁保~篠目間の通称「逆篠」の峠を爆煙を吐きながら登って来る往路の「稲荷号」です。 ここでは線路にほんのりと雪が積もっていました。(*^^)v
Yamaguchisen_nihoshinome1
◆ 撮影日 2012年1月2日
◆ 撮影地 山口県山口市阿東篠目→こちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冬の山口線 その1 「SL津和野稲荷号」

ナント、今日(2日)は高速道路が雪で通行止めになっていました。(@_@;) 予想外と言うかこの程度の雪でまさか通行止めになるとは思っても見なかったため、途中、高速を降ろされた時には慌てた慌てた。(笑) それにしても冬タイヤ(チェーン)規制と通行止めの判断基準は一体どこにあるのでしょうね。
↓画像は船平山~津和野間の往路の「稲荷号」です。 稲荷と言うからにはやはり津和野の「太鼓谷稲荷」を絡めなければと思い、こんな所から撮って見ました。 ちなみに往路の撮影後に私も太鼓谷稲荷で初詣を済ませたのは言うまでもありません。(笑)
Yamaguchisen_hunahirayamatsuwano1
◆ 撮影日 2012年1月2日
◆ 撮影地 島根県鹿足郡津和野町森村→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

今年も宜しくお願い致します。

昨年は色々なことがありましたが、今年は平穏で平凡な一年になりますように・・・o(_ _)oペコッ
Syousyun201211
◆ 撮影日 2011年3月11日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »