2011年9月 5日 (月)

深緑の肥薩線 その13

日本三大急流の球磨川と言えばやはり「川下り」と「ラフティング」でしょうか。 今回はこの二つと人吉号を何とか絡められないか、国道、旧道を行ったり来たりして見たのですが、残念ながら「コレは」ってところは見つかりませんでした。(u_u。)  ただ、一箇所だけ「球磨川第二橋梁」付近にラフティングボートが集まっていたため、タイミングさえ合えば絡めることが出来るかもと思ったのですが・・・はい、結果は何時もの通りです。(笑) SLが通過する時にはラフティングのラもありませんでした。(大笑) まぁ、世の中こんなものでしょうね。
↓画像は渡~那良口間の復路の「SL人吉号」です。 ラフティングボートが居ないものだから、臨時に鮎釣りの方にエキストラで入って頂きました。
Hisatsusen_watarinaraguchi1_2
◆ 撮影日 2011年7月30日
◆ 撮影地 熊本県球磨郡球磨村大字渡→こちら

↓ちなみに川下りはこんな感じで球磨川を下っています。
Kawakudari1_2
↓で、ラフティングボートはこんな感じ。 急流を通過して「ホッ」としているところでしょうか。(@_@;)
Kawakudari2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

深緑の肥薩線 その12

今週末は久し振りに山口線か、と思っていたら予期せぬ伏兵が。^^; 台風、結構影響がありそうですよね。 さて、どうしようかなぁ~。 稲穂の具合も見たいけど、荒れた天気で行っても泣きを見るのは自分だし・・・そう言う訳で、今TVの気象情報とニラメッコ中です。(笑)
↓画像は白石駅を出る復路の「SL人吉号」です。 煙ファンの方にはここはお勧めのポイントかも・・・です。(*^^)v
Hisatsusen_shiraishieki2
◆ 撮影日 2011年7月30日
◆ 撮影地 熊本県葦北郡芦北町大字白石→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月31日 (水)

肥薩おれんじ鉄道

旧鹿児島本線を使用して八代~川内間を運行している第三セクターの鉄道です。 この一両の車輌を見る限りでは、博多と鹿児島を結ぶ大動脈だった頃の面影は全くありません。^^; おまけに車輌は気動車だし・・(笑) 新幹線開通に伴う影の部分と言ったところでしょうか。
↓画像は上田浦~たのうら御立岬公園間の普通列車です。
Hisatsuonrenzi1
↓で、定番カットはこんな感じ・・・かな?(;´▽`A``
Hisatsuorenzi2
◆ 撮影日 2011年7月30日
◆ 撮影地 熊本県葦北郡芦北町大字田浦町→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

深緑の肥薩線 その11

海路駅付近の俯瞰ポイントから撮った「SL人吉号」です。 勾配区間ではないため、煙は期待出来ないようですが、山々の深緑と球磨川の深緑とのコラボがメインと思えば、まぁ、結構絵になる風景ではないでしょうか。(*^^)v
↓画像は瀬戸石~海路間の往路の「SL人吉号」です。 
Hisatsusen_kairoekihukan1
↓ここでちょっと気になったのがず~っとSLと並行して走る黒い車。 多分観光客だと思うのですが、対岸で撮影している人達はきっと困ったのではないかと・・・撮影も運次第と言うことでしょうか。^^; 
Hisatsusen_kairoekihukan2
◆ 撮影日 2011年7月31日
◆ 撮影地 熊本県球磨郡球磨村大字神瀬→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

深緑の肥薩線 その10

肥薩線内の大畑(おこばと呼ぶらしい)駅付近にあるスイッチバックとループ線をご存知でしょうか。 九州の方であれば「そんなこと今更」とか言われそうですが、九州初心者としてはやはり興味津々・・・と、言う訳で人吉号撮影の合間にちょっと大畑へ寄って見ました。(^^ゞ 
↓画像は人吉側から大畑駅に進入する観光列車の「いさぶろう号」です。 列車名の謂れは何でも肥薩線建設当時の逓信大臣の名前からとったらしいのですが、何故逓信大臣なのかはちょっと不明。(笑) ちなみに人吉行きの列車は「しんぺい号」です。 これも開業当時の鉄道院総裁の名前からとったらしいのですが、まぁ、これは何となく理解出来るような・・・(^_^;)
Okobaeki1
↓「いさぶろう号」は大畑駅で暫く休憩後(観光後?)スイッチバック線へ移動して行きます。
Okobaeki2
↓いよいよ吉松側のループ線に向かってエンジン全開?です。 ループ線の全容はこの位置からは分りませんが、エンジン音だけは右から中央、更に左側に移動して行くのが分ります。(;´▽`A`` 
Okobaeki3
↓参考までに大畑駅はこんな感じです。 世界遺産への登録を目指している肥薩線ですが、この大畑駅も対象に入っているのでしょうか。
Sokobaeki5
↓で、これはSLが走っていた頃の給水塔なのかな?
Okobaeki7
↓大畑駅側から見たスイッチバック用の線路です。 左側の線路は人吉行き、中央の線路がスイッチバック用、そして一番右側の線路が吉松行きの線路になります。
Sokobaeki6
◆ 撮影日 2011年7月29日
◆ 撮影地 熊本県人吉市大野町→こちら

※ 今回の撮影地については農場内の私有地のようです。 特に撮影禁止等の貼紙等はありませんでしたが、もし農場の方居られましたら、一言声を掛けて頂ければ幸いです。m(__)m 事実、撮影ポイントになっているところは綺麗に除草されており、思うに農場の方が撮影者のために除草されたのではないかと・・もしそうだったらホント、感謝、感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

深緑の九州新幹線 その2

新水俣~新八代間の球磨川を渡る九州新幹線です。 この高架の下に肥薩線が走っているのですが、時間が許せばSL撮影の合間を利用して九州新幹線オリジナルの「つばめ」を撮って見てはいかがでしょうか。(*^^)v 
Kyuusyuushinkansen_shinminamatashin
◆ 撮影日 2011年7月29日
◆ 撮影地 熊本県八代市坂本町西部い→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

深緑の肥薩線 その9

もしかすると数年後には世界遺産になるかも知れな「球磨川第一橋梁」を渡る「SL人吉号」です。 改めてよ~く見ると、100年の重みと言うか、風格と言うか・・・更によ~く見ると電線も。(笑) 画像でこんなにはっきり分る電線が撮影時に分らないとは。(@_@;) 恋は盲目と言いますが、撮影も盲目かも知れません。(要するに真剣になればなるほど周りが見えなくなると言うことです。)
↓画像は瀬戸石~鎌瀬間の復路の「SL人吉号」です。 次回はもう少し橋梁側に寄るか離れるかして、電線をかわす所で撮って見たいと思います。(  ̄^ ̄)ゞ
Hisatsusen_setoishikamate2
◆ 撮影日 2011年7月30日
◆ 撮影地 熊本県八代市坂本町鎌瀬→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

深緑の肥薩線 その8

肥薩線が世界遺産登録に向けて動き出したようです。 何でも「国内に100年前の駅舎や鉄橋、トンネルなどの鉄道施設が一体となって残っている鉄道は他に例がない」とのこと。(@_@;) もし世界文化遺産として肥薩線が登録されたら鉄道としては国内初?いや世界的に見ても結構凄いことですよね。
↓画像は瀬戸石~鎌瀬間の球磨川第一橋梁を渡る復路の「SL人吉号」です。 ちなみにこの球磨川第一橋梁も1908年に完成した米国製の橋梁とか。 確かに100年以上前の橋梁ですよね。 ホント、凄いなぁ~。
Hisatsusen_setoishikamase
◆ 撮影日 2011年7月31日
◆ 撮影地 熊本県八代市坂本町鎌瀬→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

深緑の肥薩線 その7

肥薩線沿線を移動中に見つけたちょっと雰囲気の良い雲を絡めて見ました。(^^♪ 勾配区間ではないため、煙は全く期待出来ませんが、まぁ、夏らしい風景と言うことで・・・あ、明日から休みを取って又山口線へ行く予定です。 今回は山陰線にも足を延ばして見ようと思っているのですが、果たしてどうなることやら。(;´▽`A``
↓画像は西人吉~渡間の復路の「SL人吉号」です。
Hisatsusen_nishihitoyoshiwatari1
◆ 撮影日 2011年7月31日
◆ 撮影地 熊本県球磨郡球磨村大字渡→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

深緑の肥薩線 その6

今日は立秋・・暦上では今日から秋のようですが、暑さはこれからが本番です。 暑さでお疲れモードの体を労わりながら、無事にこの夏を乗り切りましょう。(*^^)v
↓画像は鎌瀬~瀬戸石間の「第一球磨川橋梁」を渡る往路の「SL人吉号」です。 この第一橋梁ですが、八代~人吉間にある橋梁の中では最も長い橋梁のようです。 ただ、周囲には家屋、電線など接近しているため、場所選びには結構苦労するかも・・・恥ずかしながら、私は撮った後に電線が写っているのに気が付くと言った失敗をやらかしてしまいました。(;´▽`A``
Hisatsusen_kamasesetoishi3
◆ 撮影日 2011年7月29日
◆ 撮影地 熊本県八代市坂本町川嶽→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他の路線 | その他の路線(信越・羽越・etc) | 中国地方各線 2012年冬 | 中国地方各線 2012年春 | 中国地方各線 2012年秋 | 中国地方各線 2013年冬 | 中国地方各線 2013年夏 | 中国地方各線 2013年春 | 中国地方各線 2013年秋 | 仙山線 2010年秋 | 仙山線 2011年冬 | 会津鉄道 2010年冬 | 会津鉄道 2011年冬 | 会津鉄道 2011年秋 | 北上線 2009年秋 | 北上線 2010年秋 | 北部九州各線 2011年冬 | 北部九州各線 2011年夏 | 北部九州各線 2011年春 | 北部九州各線 2011年秋 | 北部九州各線 2012年冬 | 北部九州各線 2012年春 | 北部九州各線 2012年秋 | 北部九州各線 2013年夏 | 北部九州各線 2013年春 | 南部九州各線 2011年夏 | 南部九州各線 2011年秋 | 只見線 2008年冬 | 只見線 2008年夏 | 只見線 2008年春 | 只見線 2008年秋 | 只見線 2009年冬 | 只見線 2009年夏 | 只見線 2009年春 | 只見線 2009年秋 | 只見線 2010年冬 | 只見線 2010年夏 | 只見線 2010年春 | 只見線 2010年秋 | 只見線 2011年冬 | 只見線 2011年春 | 只見線 2011年秋 | 四国地方各線 2012年夏 | 四国地方各線 2012年秋 | 四国地方各線 2013年夏 | 四国地方各線 2013年秋 | 大糸線 2008年冬 | 大糸線 2008年夏 | 大糸線 2008年秋 | 大糸線 2009年夏 | 大糸線 2009年春 | 大糸線 2009年秋 | 大糸線 2010年冬 | 大糸線 2010年夏 | 大糸線 2010年春 | 山口線 2011年冬 | 山口線 2011年夏 | 山口線 2011年春 | 山口線 2011年秋 | 山口線 2012年冬 | 山口線 2012年夏 | 山口線 2012年春 | 山口線 2012年秋 | 山口線 2013年冬 | 山口線 2013年夏 | 山口線 2013年春 | 山口線 2013年秋 | 山陰本線 2011年夏 | 山陰本線 2012年冬 | 山陰本線 2012年夏 | 山陰本線 2013年春 | 岡見貨物 2012年秋 | 平成筑豊鉄道 2012年冬 | 平成筑豊鉄道 2012年春 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 磐越西線 2008年冬 | 磐越西線 2008年夏 | 磐越西線 2008年春 | 磐越西線 2008年秋 | 磐越西線 2009年冬 | 磐越西線 2009年夏 | 磐越西線 2009年春 | 磐越西線 2009年秋 | 磐越西線 2010年冬 | 磐越西線 2010年夏 | 磐越西線 2010年春 | 磐越西線 2010年秋 | 磐越西線 2011年冬 | 磐越西線 2011年秋 | 米坂線 2008年冬 | 米坂線 2008年夏 | 米坂線 2008年春 | 米坂線 2008年秋 | 米坂線 2009年冬 | 米坂線 2009年夏  | 米坂線 2009年春 | 米坂線 2009年秋 | 米坂線 2010年冬 | 米坂線 2010年夏 | 米坂線 2010年春 | 米坂線 2010年秋 | 米坂線 2011年冬 | 米坂線 2011年春 | 米坂線 (在りし日) | 趣味・グルメ・日記 | 趣味・日記 | 高山本線 2010年秋