« 秋の山口線 その18 「重連SLやまぐち号」 | トップページ | 秋の山口線 その19 「ラストラン・SLやまぐち号」 »

2011年11月19日 (土)

廃線のような風景

↓只見線第七橋梁付近にある踏切から撮った今の只見線です。 一日僅か数本でも列車が通るのと通らないのとでは、こんなに違うものなのですね。 だいぶ前のTVの番組で、人類がもし地球上から全くいなくなったら、数十年から数百年で人工的に作られた構造物は崩壊して緑に覆われた地球になるようですが、この風景を見ると、まんざら嘘でもなさそうです。(^_^;) 
Tadamisennoima2
↓線路が見えるのは踏切部分とその前後ぐらいで、その他は完全に周りの自然と同化しています。(@_@;)
Tadamisennoima1
↓これは会津横田駅付近の線路です。 でも、植物(雑草)って、ホント、逞しいですよね。 何となく映画の「アイ・アム・レジェンド」を思い出してしまいました。(笑)
Tadamisennoima3
◆ 撮影日 2011年11月1日

|

« 秋の山口線 その18 「重連SLやまぐち号」 | トップページ | 秋の山口線 その19 「ラストラン・SLやまぐち号」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廃線のような風景:

« 秋の山口線 その18 「重連SLやまぐち号」 | トップページ | 秋の山口線 その19 「ラストラン・SLやまぐち号」 »