« 秋の山口線 その3 「重連SLやまぐち号」 | トップページ | 秋の山口線 その4 「重連SLやまぐち号」 »

2011年10月 8日 (土)

レトロ門司港

今回は列車は写っていません。^^; 今日は山口線撮影の帰りに門司港へ寄って見ました。 最近「レトロ」を前面に出して観光地化を図っているようですが、夜の雰囲気は結構Goodかも知れません。
↓先ずは「レトロ門司港」観光施設の中核となる「門司港駅」です。 完成が大正3年と言いますから、間もなく100周年となるルネサンス様式の木造駅舎で、何でも国の重要文化財に指定されているとか。 
Mozikoueki
↓宿泊の中核となっているのが、多分この「門司港ホテル」では。 このようにライトアップされると何となくハウステンボスの中のホテルのようですよね。
Hotel_mojiko
↓多分これは「旧門司税関」かな。 完成が明治45年と言いますから、来年は築100年?
Kyuumozizeikan
↓お土産店やレストランが入っている「海峡プラザ」です。 上空には十五夜ならぬ十三夜間近の月が・・・「ウオ~」←月を見ると吼えたくなるらしいです。(;´▽`A``
Kaikyooupuraza
↓海峡プラザ前では丁度ライブが行われていました。 雰囲気の良い中で聞くと、何となく心に沁みるから不思議です。(笑) 
Raibu
↓ちなみに門司港でB級グルメと言えば、やはり「焼きカリー」でしょうか。 基本はカレーにチーズや卵をかけてオーブンで焼いたもののようですが、店によって具材や作り方が違うとのことで、当然味も違うようです。
Yakikarii
参考までに10日まで「アインシュタインLOVE」特別展なるイベントが開催されていますので、レトロ、アインシュタインに興味がある方はこの三連休に訪れて見ては如何でしょうか。 ただ、私は着くのが遅くて今回は寄れませんでした。(笑)

|

« 秋の山口線 その3 「重連SLやまぐち号」 | トップページ | 秋の山口線 その4 「重連SLやまぐち号」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レトロ門司港:

« 秋の山口線 その3 「重連SLやまぐち号」 | トップページ | 秋の山口線 その4 「重連SLやまぐち号」 »