« 深緑の長崎本線 その5 | トップページ | 深緑の日田彦山線 その4 »

2011年9月 5日 (月)

深緑の肥薩線 その13

日本三大急流の球磨川と言えばやはり「川下り」と「ラフティング」でしょうか。 今回はこの二つと人吉号を何とか絡められないか、国道、旧道を行ったり来たりして見たのですが、残念ながら「コレは」ってところは見つかりませんでした。(u_u。)  ただ、一箇所だけ「球磨川第二橋梁」付近にラフティングボートが集まっていたため、タイミングさえ合えば絡めることが出来るかもと思ったのですが・・・はい、結果は何時もの通りです。(笑) SLが通過する時にはラフティングのラもありませんでした。(大笑) まぁ、世の中こんなものでしょうね。
↓画像は渡~那良口間の復路の「SL人吉号」です。 ラフティングボートが居ないものだから、臨時に鮎釣りの方にエキストラで入って頂きました。
Hisatsusen_watarinaraguchi1_2
◆ 撮影日 2011年7月30日
◆ 撮影地 熊本県球磨郡球磨村大字渡→こちら

↓ちなみに川下りはこんな感じで球磨川を下っています。
Kawakudari1_2
↓で、ラフティングボートはこんな感じ。 急流を通過して「ホッ」としているところでしょうか。(@_@;)
Kawakudari2

|

« 深緑の長崎本線 その5 | トップページ | 深緑の日田彦山線 その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑の肥薩線 その13:

« 深緑の長崎本線 その5 | トップページ | 深緑の日田彦山線 その4 »