« 米坂線のラストカット・・・春なのに大雪 | トップページ | 早春の北陸本線 その6 »

2011年6月19日 (日)

初夏の山口線 その8

さて困りました。 来週末に予定されている「ありがとう485系」の運用時刻が分からないのです。 分かっているのは始発と終着駅の時刻+αのみ。 何でも混乱等を避けるための措置のようですが、出来れば鹿児島本線と長崎本線の二箇所で撮ろうと思っていてもこれでは予定が立てられません。 二箇所を諦めて一箇所にするか・・・ホント、困ったなぁ~。(@_@;)
↓画像は篠目駅で下り列車と交換する「SLやまぐち号」です。 この篠目駅ですが、駅の横にはレンガ造りの給水塔や手動式の腕木式信号機が残っているレトロ感あふれる駅のようですが、何でも松本清張の小説「砂の器」がテレビドラマ化された時に撮影に使われたのがこの駅だとか・・・山口線ではSLが似合う駅№1かも知れませんね。
Yamaguchisen_shinomeeki2
◆ 撮影日 2011年6月5日
◆ 撮影地 山口県山口市阿東篠目→こちら

|

« 米坂線のラストカット・・・春なのに大雪 | トップページ | 早春の北陸本線 その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の山口線 その8:

« 米坂線のラストカット・・・春なのに大雪 | トップページ | 早春の北陸本線 その6 »