« 春の久大本線 その6 | トップページ | 春の久大本線 その7 »

2011年5月 6日 (金)

冬の只見線 その20

春と言えば桜に菜の花、それに新緑ではないでしょうか。 只見線、磐西線、米坂線等々、これまで色々な路線の春を見て来ましたが、新緑がもっとも綺麗だったのは只見線の大白川~六十里間のような気がします。 時期が丁度合えば、山一面がライムグリーンに覆われる風景を目にすることが出来ると思います。 本当の新緑を見たい方には絶対にお勧めですよ。(*^^)v
↓画像は大雪の影響から会津若松行きから大白川行きへ変更となった434Dです。 この付近も今はきっと淡い新緑の風景が広がっているのでしょうね。 あ、そうそう、春になると大白川駅にある例の「平石亭」も開店するんですよね。 行って見たいなぁ~。(;´▽`A``
Tadamisen_kakinokiooshirakawa2
◆ 撮影日 2011年2月6日
◆ 撮影地 新潟県魚沼市大白川→こちら

|

« 春の久大本線 その6 | トップページ | 春の久大本線 その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の只見線 その20:

» 只見線SL運行が10周年 若松で記念号出発式 [ローカルニュースの旅]
JR只見線のSL運行10年目を記念した「SL会津只見10周年号」の出発式が5月21日、JR会津若松駅で行われ、大勢の乗客とSLファンでにぎわった。会津只見10周年号は22日まで運行。 [続きを読む]

受信: 2011年5月22日 (日) 12時28分

« 春の久大本線 その6 | トップページ | 春の久大本線 その7 »