« 春の久大本線 その8 | トップページ | 春の筑肥線 その4 »

2011年5月10日 (火)

故郷は遠くにありて思うもの・・・その6

只見線などの撮影の際に時々お世話になった会津東山温泉の旅館から一通の葉書が転送されて届きました。 ↓以下葉書から引用↓
『被災者の皆様には謹んでお見舞い申し上げます。 交通網の整備や館内安全点検も済ませ平常通り営業しております。 施設も被害が殆どなく心配される放射能汚染も原発から約百キロ(北は宮城県仙台、南は茨城県常陸太田市と同距離)で水源地や土地の問題はありません。 お疲れになった心身を癒しに是非いらして下さい。 社員一同笑顔で皆様を心より歓迎致します。 頑張ろう会津企画と致しまして・・・以下略』
只見線、磐越西線への遠征の際にはちょっと寄り道して会津の温泉でまったりと言うのはいかがでしょうか。^^; 皆さんのお越しを心よりお待ちしております。o(_ _)oペコッ
↓画像は会津川口~会津中川間の会津若松行きの426Dです。 三島の宮下温泉、柳津温泉なども素朴な感じでお勧めですよ。
Tadamisen_aizukawaguchiaizunakagawa
◆ 撮影日 2011年3月11日
◆ 撮影地 福島県大沼郡金山町大字大志→こちら  

|

« 春の久大本線 その8 | トップページ | 春の筑肥線 その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 故郷は遠くにありて思うもの・・・その6:

« 春の久大本線 その8 | トップページ | 春の筑肥線 その4 »