« 冬の信越本線 その5 「北越8号」 | トップページ | 冬の奥羽本線 その5 »

2011年3月 1日 (火)

雪の只見線 その16

只見線沿線で見つけたちょっと不思議な風景を一枚。 ↓画像は会津高田側から根岸、新鶴方面を望遠で撮ったものですが、これを見てあれ~「?」と思うところはないでしょうか。(@_@;) そうマピオンとかゼンリンの地図では、この区間は直線なんですよね。 しかしこんなに高低差があってクネクネ曲がっているとは・・・「今まで何年も通っていて気が付かなかったの!」って突っ込み別にして^^;、思わぬところでの思わぬ発見は、何となく得したような嬉しいような。(笑)  あ、列車は会津若松行きの426Dです。
Tadamisen_niizurunegishi
◆ 撮影日 2011年2月18日
◆ 撮影地 福島県大沼郡会津美里町米田→こちら    

|

« 冬の信越本線 その5 「北越8号」 | トップページ | 冬の奥羽本線 その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の只見線 その16:

« 冬の信越本線 その5 「北越8号」 | トップページ | 冬の奥羽本線 その5 »