« 早春の只見線 その6 | トップページ | 冬の磐越西線 その15 »

2011年3月21日 (月)

冬の会津鉄道 その20

福島県では地震、津波の被害に加え、原発事故による風評被害が広がっているとか。 地震、津波は自然災害でも、風評被害は明らかに人災だと思います。 マスコミの情報の中には危険を悪戯に煽るような報道も多々見受けられますが、ここはやはり国にしっかりとしたリーダーシップを発揮してもらいたいと思うのは私だけなのかなぁ。
↓画像は芦ノ牧温泉南~湯野上温泉間の会津田島行きです。 そう言えば、今回の震災で被害が少なかった会津地方でも、ガソリンや食材等の不足が続いているそうです。 菅さんも原発事故対応が重要なのは分るのですが、復興の方にももう少し力を入れて欲しいと思うのは、これも私だけでしょうか・・・。(*_ _)人
Aizutesudou_ashinomakionsenminamiyu
◆ 撮影日 2011年1月21日
◆ 撮影地 福島県南会津郡下郷町大字高陦→こちら

|

« 早春の只見線 その6 | トップページ | 冬の磐越西線 その15 »

コメント

おはようございます
今回の天災への国の対応には正直、失望しています。まずは被災者の救出、生き延びた人々の生活確保が第一に優先されるべきと思いますが政府の後手ぶり・無策ぶりは一体どうしたことでしょう? 原発の被災についてもしかり、我々関西人が経験した阪神大震災の経験が全く生かされていないと思います。

一方、一鉄道ファンとしてはJR貨物のタンカー列車による燃料輸送の開始には、思わず「がんばれ!」と応援します。原発関係者の努力にも頭が下がりますが、広域の被害にも関わらず、いち早くルートを確保し緊急列車をスタートさせたJR関係者の苦労が容易に想像されます。

投稿: munch | 2011年3月22日 (火) 05時55分

munchさん、今晩は~。
>国の対応には正直、失望
まさに…対応そのものがその場しのぎと言うか、munchさんの言われるようにホント後手後手ですよね。 何事もあれが駄目だったからこれ、と言った感じで全く戦略性も計画性も感じられません。 それにしても節電大臣とは…^^; この時はさすがに開いた口が開いたままになってしまいました。 
>いち早くルートを確保し緊急列車をスタートさせた
東北新幹線は結構重症なようですね。 上越新幹線は復旧に約二ヶ月掛かったそうですが、今回の被害状況を見ると、もしかすると上越新幹線を上回る日数が掛かるかも知れません。 復興のためにも早期復旧が待たれます。

投稿: 新米鉄ちゃん | 2011年3月22日 (火) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の会津鉄道 その20:

« 早春の只見線 その6 | トップページ | 冬の磐越西線 その15 »