« 冬の信越本線 その7 | トップページ | 冬の仙山線 その7 »

2011年3月27日 (日)

早春の只見線 その8

ところで・・やはり異動が決まりました。 今回の震災の影響で途中二転三転したのですが、次の勤務地はナント!今のところから1000km超離れた西方・・・(@_@;) そう九州です。 米坂線の国鉄色に魅せられ、只見線の自然に感動して始めた鉄道撮影なのですが、九州勤務になったらそう簡単に只見や米坂には来れそうもありません。 まぁ、出来ればこの夏か秋ぐらいには一度は訪れたいとは思っているのですが、これから行く勤務先の状況も分からないし、今のところやはり未定と言ったところでしょうか。 と、言うことで4月からはもしかすると只見が久大に、米坂が豊肥等に変わるかも知れませんが、どうか今後とも宜しくお願い致します。o(_ _)oペコッ
↓画像は大雪の只見駅で発車を待つ会津若松行き430Dです。 この後発生した地震のため、この430Dも終着駅の会津若松へ到着することはありませんでした。
Tadamisen_tadamieki2
◆ 撮影日 2011年3月11日
◆ 撮影地 只見駅→省略

|

« 冬の信越本線 その7 | トップページ | 冬の仙山線 その7 »

コメント

こんばんわ
今日は岡山県津山にある扇形機関車庫の見学会に参加してきました。大糸線で走る姿を直に見ることは叶いませんでしたがキハ52-115君の姿をまじかに見てまいりました。

私ども近畿管内や中国地方でも必要のない旋回窓のついた機関車やスノーブロウを装備した列車も結構走っています。また彼らの近況を知ることがあればお伝えしますね。

投稿: munch | 2011年3月27日 (日) 23時53分

munchさん今晩は~。
>キハ52-115君
実は九州へ赴任する途中で寄れないかと、今悪巧み中です。^^; 大糸線のキハ52達もタラコ君はちょっと不運でしたが、後の2両が何とか生き残りましたので、まぁ、良かったかなと思っています。 
>彼らの近況を知ることがあれば
宜しくお願いします。m(__)m 恥かしながら九州や西日本の鉄道はどんな車輌が走っているのかも全く分からないのが現状で…とりあえず今日は又鉄道ダイヤ情報を買ってしまいました。 これから勉強を始めます。

投稿: 新米鉄ちゃん | 2011年3月28日 (月) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早春の只見線 その8:

« 冬の信越本線 その7 | トップページ | 冬の仙山線 その7 »