« 冬の只見線 その12 | トップページ | 冬の仙山線 その4  「ゲレンデ蔵王」 »

2011年2月20日 (日)

冬の会津鉄道 「番外編」

会津鉄道の湯野上温泉の西方に「大内宿」と言う観光施設があるのをご存知でしょうか。 関東地方から日光を経て、会津地方や山形とを結ぶ会津西街道沿いに、今も江戸時代を思わせる古い町並みが残っている宿場町です。 
今回の撮影では初日の天気が余り良くなかったため、この大内宿に寄ってしばし江戸時代へタイムスリップして来ました。(*^^)v
Oouchizyuku1
↓ほっこり雪が積もった「大内宿」も何となく趣がありますよね。
Oouhcizyuku2
↓今回お昼に寄らせて頂いたのは旅行誌やTVで有名な「三澤屋」さん。
Misawaya1
↓で、頂いたのはこれも会津地方では超有名な「高遠そば」。 冷たい蕎麦と辛み大根との相性がいいのか味もなかなかです。(v^ー゜)グー!! ちなみに添えられている葱が「箸」兼「薬味」となります。 ただ、ちょっと食べ難いのが難点かな。(笑)
Misawaya2
↓ついでに会津鉄道撮影の際に最近お世話になっている芦ノ牧温泉の丸峰観光ホテルです。 料金の割にはサービス、料理、施設等々、どれをとっても満足感の高いホテルだと思いますので、会津方面へ出掛けた際には是非利用して見ては如何でしょうか。
特に雪が降っている時のライトアップされたお風呂(檜風呂)はお勧めですよ。(^^♪
Maruminehotel

|

« 冬の只見線 その12 | トップページ | 冬の仙山線 その4  「ゲレンデ蔵王」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の会津鉄道 「番外編」:

« 冬の只見線 その12 | トップページ | 冬の仙山線 その4  「ゲレンデ蔵王」 »