« 冬の磐越西線 その10 | トップページ | 冬の会津鉄道 その11 »

2011年1月20日 (木)

秋の只見線 その33

只見線の撮影と言えば第一から第八橋梁をそろえる福島側がどうしてもメインとな
るような気がしますが、新潟側もなかなか侮れないポイントがいっぱいあります。
(^^ゞ ただネックとなるのが、冬時期の大白川駅から先の通行止めかも知れません
ね。 そう言えば・・・確か大白川から六十里越えの間に水力発電所の施設があった
と思うのですが、この発電所の職員の方いったいどうしているでしょうか。(@_@;) 
↓画像は小出行きの423Dです。 
Tadamisen_ooshirakawakakinoki3
◆ 撮影日 2010年11月3日
◆ 撮影地 新潟県魚沼市大白川→こちら

|

« 冬の磐越西線 その10 | トップページ | 冬の会津鉄道 その11 »

コメント

管理人さま、こんばんは。
以前、発電所付近までカンジキで1時間かけていって特雪撮りました。そのとき、発電所の方々はヘリコプターで移動していました。
向こうの方々は撮り鉄の集団を見てびっくりしていました。。

投稿: タカシ | 2011年1月21日 (金) 22時06分

タカシさん、今晩は。
ヘリとはびっくりですよね。 何かあった場合の資材等の搬入を考えれば、除雪した方が効率が良いと思うのですが…^^; 
大白川から先は、やはりカンジキが必須のようですね。 足腰を鍛えなければ。(笑)

投稿: 新米鉄ちゃん | 2011年1月22日 (土) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の只見線 その33:

« 冬の磐越西線 その10 | トップページ | 冬の会津鉄道 その11 »