« 冬の磐越西線 その9 | トップページ | 冬の会津鉄道 その9 »

2011年1月15日 (土)

秋の只見線 その32

昨年秋の「SL会津只見紅葉号」の画像も未だ少し残っていました。^^; この日(28
日)は冷たい雨が一日中止むことはありませんでしたが、そのお陰でここでも綺麗
に尾を引くような白い煙を拝むことが・・・まぁ、ものは考えようかと。(笑)
↓画像は第一橋梁を渡る復路の「SL会津只見紅葉号」です。そうそうちょっと驚い
たのはいつの間にかこのポイントへ通じる立派な道路が整備されていたことでしょ
うか。(@_@;) 車は多分無理としても、冬雪が積もっても入れそうな感じでしたので、
この冬の撮影ポイント候補の一つになりそうです。(*^^)v
Tadamisen_seihouhinohara
◆ 撮影日 2010年10月28日
◆ 撮影地 福島県大沼郡三島町大字名入→こちら

|

« 冬の磐越西線 その9 | トップページ | 冬の会津鉄道 その9 »

コメント

ご無沙汰しております。毎日更新を楽しみにしております。
古い記事の件で恐縮ですがまご指導ください。この場所はどうやって行くのでしょうか?歳時記橋を渡って北に行くのはわかますが右側に入る場所がわかりません。何か目印はありますでしょうか?
あと六十里越トンネルの入口直前(大白川側)の撮影場所もわかりませんでした。2009年春新緑の只見線その3に掲載された場所です。国道から撮られたのでしょうか?質問ばかりですいません。よろしくお願いします。

投稿: みけきち | 2012年11月12日 (月) 22時57分

みけきちさん、今晩は。 お久し振りです。^^; え~っと、先ずは第一橋梁のポイントですよね。 ここへは歳時記橋を西方(北側)へ約400~500mぐらい行くと西方駅に抜ける左に折れる道があります。 このT時路からどうでしょう10~20m程度歳時記橋に戻ったところに橋梁方向に続く道(結構しっかりしている道で、方向的には北東方向です)が続いています。 この道を真っ直ぐ行くとこのポイントに到着します。 付近に川側が開けているのはこのポイントだけですから、多分直ぐに分ると思いますが…(^_^;)
さて、次の大白川と六十里トンネル間のポイントですが、ここは確か只見線が六十里トンネルに入る直前付近のポイントだったと思います。 この区間は国道が只見線と交差しながら並行して走っていることはご存知だと思いますが、只見線が六十里トンネルに入る直前の国道側のスノーシェッド付近がポイントなります。 具体的にはスノーシェッドを抜けた当りに、線路側に向かって降りて行く道があるのですが、その道の途中、又はスノーシェッドの横を線路側に降りて行くと、画像のような風景が見えてくるはずです。 私も只見線を離れて2年になりますので、若干記憶も怪しくなって来ているのですが、多分合っていると思います。(^^ゞ

投稿: 新米鉄ちゃん | 2012年11月13日 (火) 23時00分

鉄ちゃんさん、早速の丁寧なご回答ありがとうございます。
大白川~田子倉=はいその道はわかります。ただその道からは若干アングルが違うような気がして、横の広場?からとは思いましたが、雑草がすごかったので奥まで進めませんでした。次回チャレンジします。しかしこの辺の紅葉はやはりすごいです。
第一橋梁=そうなんですか。何回か往復したんですが、その道は気が付きませんでした。今度ロケハンしたいと思います。
また、ご指導いただくかも知れませんが、よろしくお願いします。

投稿: みけきち | 2012年11月14日 (水) 19時20分

みけきちさん、今晩は~。 返信が遅れて申し訳ありませんでした。m(__)m
六十里トンネル手前のスノーシェッドですが、多分夏~秋に行かれたのでは? 春先の4月~5月ぐらいであれば、未だ雑草が延びておらずスノーシェッドの横に出ることが出来ます。 もし夏~秋に行かれるのであれば、雑草はどうしようもないので、線路側に降りる道に脚立を使用して何とか撮れると思いますが、ただこれも数年前のことなので、若干記憶が怪しくなって来ました。^^; では、ご健闘をお祈りします。

投稿: 新米鉄ちゃん | 2012年11月15日 (木) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の只見線 その32:

« 冬の磐越西線 その9 | トップページ | 冬の会津鉄道 その9 »