« 秋の仙山線 その2 | トップページ | 秋の只見線 その2 »

2010年11月 2日 (火)

初秋の磐越西線 その16

今週末はいよいよ「ぐるり号」が運転されます。 昨年はSLを凌ぐような凄い混み
ようだったのですが、タラコ色の今年は果たしてどうなることやら。(^_^;) でも、天
気はまぁまぁ見たいですね。 もしかすると紅葉もちょっぴり期待出来かも。
↓画像は復路の「磐越物語号」です。  ここでは川面を走るSLをイメージして撮っ
て見たのですが・・・まぁ、こんなものでしょうか。(笑)
Banetsusaisen_kitakatayamato
◆ 撮影日 2010年10月17日
◆ 撮影地 福島県喜多方市慶徳町豊岡→こちら

|

« 秋の仙山線 その2 | トップページ | 秋の只見線 その2 »

コメント

今日は。(* ̄0 ̄)ノ
仙山・北上遠征お疲れ様でした。
やはり国鉄色はどんな悪条件にでも
映えるのが魅力ですね。(*゚∀゚*)ノ

あっそうそう、紅葉号乗車して参りました。
車内が思いのほか寒く、難儀致しましたが
雨の中、沿線から送られる熱い声援に支えられ
どうにか若松まで乗り切ることが出来ました。
えっ?
声援は私にではない?(笑)
とまぁ勘違いしてしまう程
SL人気を再確認した次第で。

例年とのHMの違いを
勝手に『ラストラン』だからと
決めつけてしまったのですが
会津地方で開催中の
「会津・漆の芸術祭」に合わせた企画で
金蒔絵(まきえ)や朱磨きの会津漆器の
装飾技法を施した漆塗りのHMだそうですね。

肝心のところを思い切って
機関士さんに直撃致しましたが
来年のことは分からないと
一蹴されました。 そりゃそうか。(笑)

投稿: 茶葉 | 2010年11月 3日 (水) 15時41分

茶葉さん、今晩は~。
茶葉さんも、SL試運転、本運転出撃、大変お疲れさまでした。o(_ _)oペコッ

>国鉄色はどんな悪条件にでも映える
はい、贔屓目かも知れませんが、春夏秋冬、どんなシーンにも映えるような気がします。 
あ、そうそうSL只見号のHMが変わっていたようですね。 他の方のブログでも見てみたのですが、結構渋い感じで前のHMよりは良いかなと。(笑)

>来年のことは分からないと
やはり分かりませんか…他からの情報でも、来年の運行は危ないような話もありますが、希望としては、春と秋の只見の恒例イベント(お祭り)として、ず~っと続けて欲しいものです。
ところで、今日は只見線の新潟側へ行って来ました。 まぁ、今週末の「ぐるり号」を睨んでのロケハンもあったのですが、予想以上に紅葉が綺麗だったのにはびっくりしました。 今週末はもしかすると期待出来るかも知れませんよ。(*^^)v  ではでは。

投稿: 新米鉄ちゃん | 2010年11月 3日 (水) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の磐越西線 その16:

« 秋の仙山線 その2 | トップページ | 秋の只見線 その2 »