« 雪の大糸線 その30 | トップページ | 早春の磐越西線 その1 »

2010年3月20日 (土)

早春の只見線 その2

只見線沿線で飯豊山が望めるポイントは限られているようです。 柳津~会津坂本
間でも飯豊山の一部(山頂部分?)は見えるのですが、列車を絡めるとなるとやは
り、会津盆地が一番かも知れません。(^^♪
↓画像は会津若松行きの428Dです。 飯豊山がこんなに綺麗に見えるのは今ま
であまり無かったような・・・この日の山狙いは正解だったようですね。ヽ(´▽`)/
Tadamisen_negishitakada14
↓では縦構図でも。 しかし300mmで手持ちだとファインダの中で画像が揺れる
揺れる。(笑)
Tadamisen_negishitakada143
↓ちなみにこの近くの田んぼには未だ白鳥さんがいっぱい集まっていました。 多分
これからの北帰行に備えて栄養を蓄えているのかも知れませんね。
Simgp1987
◆ 撮影日 2010年3月14日
◆ 撮影地 福島県大沼郡会津美里町字沼尻→こちら

|

« 雪の大糸線 その30 | トップページ | 早春の磐越西線 その1 »

コメント

只見線のバックに雪の飯豊山の雄大さが見事に表現されていて、ただ見とれるばかりです。
素晴らしい~。
福島郡山市に住んでいる、もう少しで還暦のじじいです。気力、体力、筋力、金力が回復するなら、こんな素敵な写真を撮ってみたいです。

投稿: 阿部 | 2016年6月28日 (火) 21時10分

阿部様今晩は~。
身に余るお褒めの言葉を頂き、大変恐縮しております。 今は九州地方に住んでいるため、只見線には年一回程度しか行けませんが、雄大な風景の中を走る只見線はこの趣味を始めることになった原点かも知れません。(^^♪
阿部様も気力、体力が回復しましたら、是非只見線の素朴で雄大な風景を見に行ってみて下さい。

投稿: 新米鉄ちゃん | 2016年6月29日 (水) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早春の只見線 その2:

« 雪の大糸線 その30 | トップページ | 早春の磐越西線 その1 »