« 雪の只見線 その24 「只見線第二橋梁」 | トップページ | 雪の大糸線 その24 »

2010年3月 8日 (月)

雪の大糸線 その23

最近の大糸線の賑わい状況が某紙の地方版に掲載されていました。 同紙の紙面
でも少しだけ触れていましたが、最近の鉄道ファンによる沿線の経済効果は凄いも
のがあるようです。 確かに宿泊施設、レストラン、ガソリンスタンド等々、JRのみで
なく、その経済効果は結構大きいのではないかと思います。 前から思っていたこと
ですが、全国で1~2路線ぐらい、「国鉄色が走る路線」とか銘打って、日に1本でも
2本でも定期的に走らせれば、きっと凄い経済効果を生むような気がするのですが・
・・地方経済の浮揚案として「う~ん、これは名案」だと思うのは私だけかなぁ~(^_^;)
↓画像は南小谷行きの426Dです。 「景気浮揚に鉄パワーを!」なぁ~んって、最
近の一部暴走ファンの影響であんまり大きな声では言えないので、小さな声で「景気
浮揚に鉄パワーを!」
(笑)
Ooitosen_nakatuchiminamiotari20_2
◆ 撮影日 2010年2月21日
◆ 撮影地 マピオンにないため省略m(__)m

|

« 雪の只見線 その24 「只見線第二橋梁」 | トップページ | 雪の大糸線 その24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の大糸線 その23:

« 雪の只見線 その24 「只見線第二橋梁」 | トップページ | 雪の大糸線 その24 »