« 雪の只見線 その19 | トップページ | 雪の只見線 その20 »

2010年2月25日 (木)

雪の大糸線 その15

平岩のサファリ俯瞰もだいぶ有名になって来たようです。 スノーシューを用意して
側道に入ったのですが、運動靴でも大丈夫(とはちょっと言い過ぎかな(^_^;))なぐら
い、しっかりした道が出来ていました。(笑) ただ、雪が緩んで来ると時々「ズボッ」
と嵌りますのでご注意を!
↓画像は南小谷行きの424Dです。 ポイントに着いた時には全体的にもう少し白
かったのですが、日が差すにつれて、下の方から見る見る木々が茶色に変わって
行くのが分かりました。 こう言った時に限って列車が遅れて来るんですよね。(^_^;)
Ooitosen_kotakihiraiwa2
↓走っているのが一般色だってことが分かるでしょうか。
Ooitosen_kotakihiraiwa3
↓俯瞰ポイントへ続く側道です。 木々の着雪が綺麗でつい見とれてしましました。
ヽ(´▽`)/
Ooitosen_hiraiwa_hukan
◆ 撮影日 2010年2月21日
◆ 撮影地 長野県北安曇郡小谷村大字北小谷→こちら

|

« 雪の只見線 その19 | トップページ | 雪の只見線 その20 »

コメント

こんばんわ。
鉄ちゃんさんに触発され(笑)水、木と大糸遠征行って参りました。平日にもかかわらず頸城大野定番踏切は物凄い砲列となっておりました。(^-^;
人のいない所、いない所と探し回って撮っていたのですが光の具合やら列車の色(笑)やらの関係で他の方と思惑が一致してしまう辺りはまだまだ勉強不足の様です。(^-^;
 お昼は下里瀬の交差点にあります食事処(名前、忘れてしまいましたスイマセン(^-^;)にて小谷蕎麦ならぬものをミニ丼まで付けて堪能いたしました。現地のお蕎麦は太いのと細いのが交り合っているのが特徴ですよね?大糸線を撮った後に食べるお蕎麦がこれまた至福の時でもあるのですが、それも後少しと思うと・・・・。(´;ω;`)ウウ・・・

投稿: 茶葉 | 2010年2月26日 (金) 21時59分

楽しく拝見させていただいてます。
いつも、お返事ありがとうございます。
名前改め「熱塩加納」→「会津北部ぅ」とさせていただきます。
私の方は腰の具合がだいぶ良くなりました。
鉄ちゃんさんも体調なによりです。
沢山の降雪嬉しい限りです。しかし、本年は累計降雪は極めて少なくがっかりしていまして、これを周りにいる近しい方々に語ると怒られます。元々の在住の方々は雪を目の敵にしてますから。撮り鉄とは関係ありませんが、この絵を見てると以前かんじきを履いて薪やほだ木を下ろしていた斜面を思い出します。
今日の私は、温かい雨が降る霧の中、山都⇔荻野を走る231Dを自分なりに納めてみました。(言うだけでお見せできず申し訳ありません)

投稿: 会津北部ぅ | 2010年2月26日 (金) 23時03分

茶葉さん、おはようございます。
大糸線出撃、どうもお疲れ様でした。o(_ _)oペコッ 平日なのにそんなに混んでいましたか・・・私は先週の土日だったのですが、茶葉さんの言われる頚城大野の雨飾山が望めるポイント?と宮本踏切のニ箇所はやはり押すな押すなの大混雑でした。(@_@。 あんな光景を見たのは大糸線では初めてです。(笑)
>大糸線を撮った後に食べるお蕎麦がこれまた至福の時
私も蕎麦好きなのでその気持ち、分かります。(^_^;) 撮影の合間に現地で食べるお蕎麦も色々特徴があって楽しいですよね。 置換えまで後二週間、「ドサ」っと雪が降るようだったら休みを取っても行こうと思っているのですが、果たしてどうなることやら。

投稿: 新米鉄ちゃん | 2010年2月27日 (土) 08時43分

熱塩加納」改め「会津北部ぅ」さん、おはようございます。
>鉄ちゃんさんも体調なにより
お気遣いありがとうございます。o(_ _)oペコッ 未だ膝が完全には曲がらず100パーセント完治ではないのですが、普段の生活には殆ど支障はありません。 でも、人間と言うのは体を動かさないとあっと言う間に退化してしまう生物のようですね。 先日大糸線に行った際にも数百メートルの雪道を歩いただけで完全に息が上がってしまいました。「会津北部ぅ」さんもどうぞ腰をお大事に。m(__)m
>近しい方々に語ると怒られます
そうですよね。 そこに住んでいる方にとって、生活に影響する大雪は敵かも知れませんよね。 撮り鉄にとっても度を超す雪は列車が運休になってしまうので、敵と言えば敵なのですが・・・地元の人々の生活に影響を与えない程度のホドホドの雪ってことで納得して頂けるとありがたいかも知れません。(^_^;)

投稿: 新米鉄ちゃん | 2010年2月27日 (土) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の大糸線 その15:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/02/26 09:50) [ケノーベル エージェント]
北安曇郡小谷村エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年2月26日 (金) 09時50分

« 雪の只見線 その19 | トップページ | 雪の只見線 その20 »