« 深緑の大糸線 その33 | トップページ | 深緑の只見線 その29 »

2009年9月 3日 (木)

深緑の磐越西線 その10 「SL磐越物語号」

鹿瀬~日出谷間の橋梁です。 真横から狙うことも考えたのですが、構図的に余り
面白味がないので、こんな構図で撮影して見ました。(^_^;)
ただ、煙が・・・ここまで無煙なのも珍しいのでは。
これでは電車と一緒ですよね。(笑)
Banetsusaisen_hideyatoyomi
◆ 撮影日 2009年8月22日
◆ 撮影地 新潟県東蒲原郡阿賀町日出谷→こちら

|

« 深緑の大糸線 その33 | トップページ | 深緑の只見線 その29 »

コメント

こんにちは
平地の定速走行ならガンガン燃やす必要がないのでしょうか?
幼いころに福知山線で帰郷する際に何度かSL牽引の列車に乗る機会がありました。子供心に窓から顔を出して前方を覗きワクワクしたものですが、トンネルに入ると親から「煙が入るから窓を閉めなさい」と、たしなめられたのを思い出します。
木々の緑を背景に走るSL、赤い鉄橋と残された旧い橋脚・・・これまた模型にしたいようなシーンであることは間違いありません。

私のレイアウトのほうは、やっとこさ始動しました・・・(^^;
安普請の窮屈なアパート住まいですので4分割のモジュール式にしようと決め、そのうちの1/4枚目の製作に取り掛かりました。
ローカル線で初夏の山裾からつながるシーンを作ろうと思っているのですが、この写真を拝見して今は計画していない河川と橋梁を加えようかと迷っています(笑

投稿: munch | 2009年9月 4日 (金) 18時06分

>munchさん
今晩は。m(__)m いよいよ本番のレイアウト製作が始まりましたね。 
既に全体像なんかは決まっていると思いますが、やはり作りながら、
あぁ~でもない、こぉ~でもないって悩むのも結構楽しい時間かも
知れません。^_^;

SLの煙ですが、どうも規則性はなさそうです。 平地(勾配なし)
でも爆煙だったり、勾配区間なのにスカだったりと・・・要するに運
次第のような気がします。(笑)
まぁ、これも当たり外れがあるから面白いのかも知れませんね。

次はSLにするか、米坂にするか迷っています。 11月に米坂線に
急行色が走るから、ロケハンも兼ねやはり米坂線でしょうか。(^_^;)

投稿: 新米鉄ちゃん | 2009年9月 4日 (金) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑の磐越西線 その10 「SL磐越物語号」:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/09/04 09:59) [ケノーベル エージェント]
東蒲原郡阿賀町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 4日 (金) 09時59分

« 深緑の大糸線 その33 | トップページ | 深緑の只見線 その29 »