« 深緑の只見線 その24 | トップページ | 深緑の大糸線 その28 »

2009年8月16日 (日)

深緑の米坂線 その26

今年は入道雲をあまり見なかったような・・・(^_^;) 昨日も暑かったのは暑かったの
ですが、吹く風は初秋のような心地よい風でした。 あ~青空の入道雲が見たい~
(>_<)
↓画像は今泉~犬川間のA1運用3822Dですが、青空に秋の雲が広がっていま
した。 8月1日なんですけどねぇ・・・(笑)
Yonesakasen_a1_imaizumiinukawa
◆ 撮影日 2009年8月1日
◆ 撮影地 山形県東置賜郡川西町大字下小松→こちら

|

« 深緑の只見線 その24 | トップページ | 深緑の大糸線 その28 »

コメント

こんばんわ、撮影行もお疲れ様です
天候はなかなか思うようにいきませんね…ご苦労お察しいたします(笑
拝見させていただく身としましては、なかなか空気感が感じられると楽しませていただいております。大糸線のガスもこちらでは目にする機会がほとんどありませんので雰囲気がたまりません。空模様や風の具合で水面が荒れたりとか不本意であるようなコメントも拝見することがありますが、私にはどれも魅力的な景色です。
こちらの写真はいわゆる「車両図鑑」じゃなくて「鉄道のある風景」であるところに惹かれて毎日拝見しています。ちょっと鉄、見るのも好きだし缶ビールと弁当を買い込んで車中と言うのも好きな私としましてはちょうど好い距離感なのだと思います。

模型につきましては本番のレイアウトは遅々としてはかどりません。基本的な構成案はだいぶん固まってきましたが、路線配置を手直ししたり背景やストラクチャーなどをどうしようかと試行錯誤ばかりです。こんなのはどうだろう?と、いろいろと小さなシーナリーを作って試している状況です。模型屋に立ち寄ると思わず予定外の車両を衝動買いして懐がさびしくなったり、本番レイアウト自体の建設は早くても半年とか1年くらいはかかりそうです…(^^;

車両自体や駅の建物や構築物関係といった資料については今の時代、ネットや書籍などでかなり詳しく調べられますが、雰囲気というのは検索しようがありません。そういう意味でも貴サイトは私にとって絵葉書写真とは違う、生きた資料のような魅力があります。

投稿: munch | 2009年8月16日 (日) 23時58分

こんばんは。
>天候はなかなか思うようにいきませんね
最近愚痴ばかりで申し訳ありません。m(__)m 実は天候ばかりではなく、この日は
カメラの不調(電池の不具合や原因不明の画像切れ)等があって、天気のことは半分
八つ当たりです。(笑)

でも、こうやってフォローして頂けると、何となく嬉しいものが・・未だ々人間的にも
画像的にも新米の域を出ない私ですが、今後ともよろしくお願いします。m(__)m

ところでレイアウト作成は、やはり製作中の時が一番面白いと思います。 考えように
よっては、あと1年楽しめと思えば・・・って考え方は駄目でしょうか。(^_^;)

投稿: 新米鉄ちゃん | 2009年8月17日 (月) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑の米坂線 その26:

« 深緑の只見線 その24 | トップページ | 深緑の大糸線 その28 »