2008年12月 2日 (火)

晩秋の磐越西線 今日のC57 その4

さて「今日のC57」の最後は山都駅付近の定番ポイントです。 青空が綺麗だった
ため、橋の下からの構図を狙って見ました。 雲ひとつない青空も久し振りです。
Banetsusaisen_c57_yamatokitakata
↓C57をアップで。
Banetsusaisen_c57_yamatokitakata2
↓あれ?デフがいつもと違うかも・・(・_・;) 後で調べたらかもめと波をあしらった
特別なデフを期間限定で取り付けているとのこと。 
今回撮影者が多かったのはこのデフのせいだったかも知れません。
Banetsusaisen_c57_yamatokitakata3_d
◆ 撮影日 2008年11月29日
◆ 撮影地 福島県喜多方市山都町小舟寺→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

晩秋の磐越西線 今日のC57 その3

「その2」からの続きです。 場所は尾登~荻野間ですが、巷では「磐西線S字カーブ
四天王」とか言われているとか言われていないとか・・・(^_^;)
いつ行っても大勢の撮影者で賑わう超メジャーなポイントです。
Banetsusaisen_c57_onoboriogino
Banetsusaisen_c57_onoboriogino3
◆ 撮影日 2008年11月29日
◆ 撮影地 福島県喜多方市高郷町揚津→こちら

次は今回最後の区間、山都~喜多方間です。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月30日 (日)

晩秋の磐越西線 今日のC57 その2

「今日のC57」の続きです。
場所は上野尻付近ですが、この場所にも大勢の撮影者が。 ざっと・・・20~30名
ぐらいでしょうか。 場所取りにちょっと苦労しましたが、バックの飯豊山?が綺麗
に見えましたので、あえてチャレンジして見ました。(^^ゞ
Banetsusaisen_c57_kaminozirinozawa1
↓煙が凄くてバックの山が隠れそうです。(^_^;)
Banetsusaisen_c57_kaminozirinozawa2
↓おまけの縦構図で。
Banetsusaisen_c57_kaminozirinozawa3
◆ 撮影地 福島県耶麻郡西会津町上野尻→こちら

さて続きは「その3」で!(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋の磐越西線 今日のC57

久し振りにC57の撮影に出かけて見ました。(^^ゞ 磐物の運転も今日、明日と
クリスマスが最後とあって沿線には多くの撮影者が出撃しておりました。
↓先ずは三川付近の鉄橋から。
Banetsusaisen_c57_igashimamikawa
Banetsusaisen_c57_igashimamikawa3
◆ 撮影地 新潟県東蒲原郡阿賀町白崎→こちら

↓次は三川~津川間の定番ポイントでワンカット。
Banetsusaisen_c57_mikawatugawa2
◆ 撮影地 新潟県東蒲原郡阿賀町小花地→こちら
◆ 撮影日 2008年11月29日

続きは「その2」で!(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

紅葉の磐越西線 今日の「C57」

三連休を利用しちょっとだけC57を追っかけて見ました。(^^ゞ
↓先ずは三川駅付近の橋梁から。 紅葉時期の三連休とあって、この日は
大勢の撮影者が沿線に繰り出していました。
ただ、紅葉の色付く具合はいまひとつと言うか、ピークはもう少し先のようです。
Bantesusaisen_sl1
◆ 撮影地 新潟県東蒲原郡阿賀町吉津→こちら

↓次のはおまけ画像。 バックが紅葉でもないし、葉っぱも青々としていました。
紅葉の磐西線とは言えませんね。(^_^;)
Banetsusaisen_sl2  
◆ 撮影地 新潟県東蒲原郡阿賀町小花地→こちら

↓最後は豊実~徳沢間の定番ポイントです。 このポイントにも大勢の
撮影者が押しかけていました。 紅葉の色付き具合はまぁまぁかも。
ただ、青空が綺麗でした。(^^♪
Banetsusaisen_sl3
◆ 撮影地 新潟県東蒲原郡阿賀町豊実→こちら
◆ 撮影日 2008年11月1日
今回の「C57」は以上です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

初秋の磐越西線 その5

場所は咲花~東下条間です。 ちょうど道の駅「阿賀の里じばんぐ」の裏になる
ところですが、どんなものでしょうか。(^_^;) 車両全部が入らないのが、ちょっと
ネックかも知れませんね。
↓画像は会津若松行き234Dです。
Banetsusaisen_sakihanahigashigezyou
◆ 撮影日 2008年9月15日
◆ 撮影地 新潟県東蒲原郡阿賀町石間→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初秋の磐越西線 その4

場所は尾登~荻野間です。 この場所、構図的にはまぁまぁなのですが、移動
して撮影できるような自由度はほとんどありません。(^_^;)
また、歩道もありませんから、この場所での撮影には注意が必要です。
個人的には後少しだけ離れたところで撮影できると良いと思うのですが・・・
↓画像は会津若松行き230Dです。 
Banetsusaisen_onoboriogino
◆ 撮影日 2008年9月15日
◆ 撮影地 福島県喜多方市高郷町峯→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

初秋の磐越西線 その3 

場所は徳沢~豊実間ですが、今回は川霧は出ていませんでした。(^_^;)
もう川霧の季節は終わったのでしょうね。
↓画像は新津行き231Dです。
Banetsusaisen_tokuzawatoyomi
↓同じ場所で少々違うアングルで撮影。
Banetsusaisen_tokuzawatoyomi2
◆ 撮影日 2008年9月15日
◆ 撮影地 新潟県東蒲原郡阿賀町豊実→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

初秋の磐越西線 その2 コスモスの中を

場所は尾登駅近くです。 この付近には色々な色のコスモスが咲いていたので、
このコスモスを絡めて撮影して見ました。 
↓画像は新津行き?231Dです。 ただ、ちょっと残念なことがひとつ。
この綺麗に咲いているコスモスですが、撮影のために倒したり、折ったりしている
方が居るそうです。 事実、私の横のコスモスも約1m四方に渡って根こそぎ折ら
れていました。  残念と言うよりも肩身が狭くなりました。(T_T)
Banetsusaisen_oginoonobori3 
◆ 撮影日 2008年9月15日
◆ 撮影地 福島県耶麻郡西会津町登世島→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

初秋の磐越西線 今日のC57

前日の天気予報では「晴れ」。 青空の中を走るSLを期待して行ったのです
が・・・あれ~何で雲っているのかなぁ? (>_<)
これだけ自然科学が発達して、衛星で監視しているにもかかわらず、翌日の
天気も当たらない予報ってどうよ! いつも天気予報には泣かされます。
某隣国では天気予報があまりにも当たらないとかで暴動が起こったそうです。
日本人は大人しいから多分それまでにはならないと思いますが、ホント、
某●●庁、あんまりいい加減な予報を出していると、いまに国民からしっぺ
返しを受けますよ。
↓愚痴はこのくらいにして、先ずは三川付近の河川からの撮影です。
Banetsusaisen_sl3_igashimamikawa
Banetsusaisen_sl2_igashimamikawa
◆ 撮影地 新潟県東蒲原郡阿賀町白崎→こちら
↓次は豊実~徳沢間の橋上からの撮影です。 川の色はまぁまぁだったの
ですが、水鏡になっていなかったのがちょっと残念・・・(T_T)
Banetsusaisen_sl_toyomitokuzawa
◆ 撮影地 新潟県東蒲原郡阿賀町豊実→こちら
↓三箇所目は前々回にシャッターが切れなかった尾登~荻野間の定番撮影
ポイントです。 ところがここで又ちょっとしたハプニングが。(^_^;)
このポイントは皆さん踏み切り付近で撮影することが多いのですが、この日は
何故かこの定番ポイント20~30m前の線路直近に撮影者が1名陣取っている
ではありませんか。(驚)
いくら撮影場所は個人の自由でも、これは無いよな~っと思いつつ、仕方が
ないのでこんな画像になってしまいました。 二枚目の左がほとんどないのは
このような理由からです。(^_^;)
ちなみに後から続々やって来た追っかけの人達は、この状況(ロケーション)を
見て慌てて別の場所へ車を飛ばして行きました。 困った人もいるものですね。
Banetsusaisen_sl_onoboriogino
Banetsusaisen_sl_onoboriogino2
◆ 撮影地 福島県喜多方市高郷町揚津→こちら
↓最後はお決まりの山都と思ったのですが、三度連続同じ場所では芸が
ないと思い、前回よりもちょっと先の田んぼの中から撮影して見ました。
黄金色に輝く稲穂とSLのコラボですが、いかがでしょうか?(^_^;)
Banetsusaisen_sl_yamatoekihukin
◆ 撮影地 福島県喜多方市山都町小舟寺→こちら
◆ 撮影日 2008年9月15日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他の路線 | その他の路線(信越・羽越・etc) | 中国地方各線 2012年冬 | 中国地方各線 2012年春 | 中国地方各線 2012年秋 | 中国地方各線 2013年冬 | 中国地方各線 2013年夏 | 中国地方各線 2013年春 | 中国地方各線 2013年秋 | 仙山線 2010年秋 | 仙山線 2011年冬 | 会津鉄道 2010年冬 | 会津鉄道 2011年冬 | 会津鉄道 2011年秋 | 北上線 2009年秋 | 北上線 2010年秋 | 北部九州各線 2011年冬 | 北部九州各線 2011年夏 | 北部九州各線 2011年春 | 北部九州各線 2011年秋 | 北部九州各線 2012年冬 | 北部九州各線 2012年春 | 北部九州各線 2012年秋 | 北部九州各線 2013年夏 | 北部九州各線 2013年春 | 南部九州各線 2011年夏 | 南部九州各線 2011年秋 | 只見線 2008年冬 | 只見線 2008年夏 | 只見線 2008年春 | 只見線 2008年秋 | 只見線 2009年冬 | 只見線 2009年夏 | 只見線 2009年春 | 只見線 2009年秋 | 只見線 2010年冬 | 只見線 2010年夏 | 只見線 2010年春 | 只見線 2010年秋 | 只見線 2011年冬 | 只見線 2011年春 | 只見線 2011年秋 | 四国地方各線 2012年夏 | 四国地方各線 2012年秋 | 四国地方各線 2013年夏 | 四国地方各線 2013年秋 | 大糸線 2008年冬 | 大糸線 2008年夏 | 大糸線 2008年秋 | 大糸線 2009年夏 | 大糸線 2009年春 | 大糸線 2009年秋 | 大糸線 2010年冬 | 大糸線 2010年夏 | 大糸線 2010年春 | 山口線 2011年冬 | 山口線 2011年夏 | 山口線 2011年春 | 山口線 2011年秋 | 山口線 2012年冬 | 山口線 2012年夏 | 山口線 2012年春 | 山口線 2012年秋 | 山口線 2013年冬 | 山口線 2013年夏 | 山口線 2013年春 | 山口線 2013年秋 | 山陰本線 2011年夏 | 山陰本線 2012年冬 | 山陰本線 2012年夏 | 山陰本線 2013年春 | 岡見貨物 2012年秋 | 平成筑豊鉄道 2012年冬 | 平成筑豊鉄道 2012年春 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 磐越西線 2008年冬 | 磐越西線 2008年夏 | 磐越西線 2008年春 | 磐越西線 2008年秋 | 磐越西線 2009年冬 | 磐越西線 2009年夏 | 磐越西線 2009年春 | 磐越西線 2009年秋 | 磐越西線 2010年冬 | 磐越西線 2010年夏 | 磐越西線 2010年春 | 磐越西線 2010年秋 | 磐越西線 2011年冬 | 磐越西線 2011年秋 | 米坂線 2008年冬 | 米坂線 2008年夏 | 米坂線 2008年春 | 米坂線 2008年秋 | 米坂線 2009年冬 | 米坂線 2009年夏  | 米坂線 2009年春 | 米坂線 2009年秋 | 米坂線 2010年冬 | 米坂線 2010年夏 | 米坂線 2010年春 | 米坂線 2010年秋 | 米坂線 2011年冬 | 米坂線 2011年春 | 米坂線 (在りし日) | 趣味・グルメ・日記 | 趣味・日記 | 高山本線 2010年秋