« 初秋の米坂線 その56 国鉄一般色 | トップページ | 紅葉の陸羽東線 その2 »

2008年10月21日 (火)

紅葉の陸羽東線 絶景!鳴子峡

10月18日~19日にかけて初めて陸羽東線に行って参りました。 
実は昨年発行されたJTB時刻表の表紙に鳴子峡の紅葉をバックにした陸羽東線の
車両が載っていたため、「是非とも紅葉の時期に行ってみよう!」、そんな願望
(欲望)から、今回「初」陸東線となったものです。(^^ゞ
天気は18日は快晴、19日は曇り時々晴れ、雨男の汚名は今回返上です。(笑)
18日昼前から19日昼まで、ほぼ一日間同じポイントで撮影して見ましたので、これ
から行かれる方は光線の具合などを参考にされてはいかがでしょうか。
なお、紅葉の色づき具合は見頃少し前ぐらいだと思います。

↓先ず18日1106頃通過した小牛田行き4734Dです。
最初は結構真剣にカメラを構えていたのですが、紅葉の期間は列車の速度を相当
落として通過するため、あまり真剣に構えなくても大丈夫なようです。 ホント、止まり
そうなスピードで通過して行きます。(笑)
Rikutousen_18hi_1106

↓次は18日1129頃通過した新庄行き臨時列車「みのり」です。 紅葉の期間中
だけ、土日休日のみ運行されているようです。
Rikutousen_18hi_1129_minori

↓三本目は18日1225頃通過した鳴子温泉行き724Dです。
Rikutousen_18hi_1225

↓四本目は18日1456頃通過した鳴子温泉行き1733Dです。
この時間帯になると段々影になる部分が多くなって来ました。
Rikutousen_18hi_1456

18日の最後は1619頃通過した新庄行き731Dです。 光線の具合が良かった
のか赤と黄色が鮮やかです。(^^♪
Rikutousen_18hi_1619

↓さて次は19日0709頃通過した鳴子温泉行きの720Dです。
この日は、鳴子温泉側は綺麗に晴れているのに、少しだけ標高の高い?鳴子峡
付近は濃霧に覆われていました。
霧の中の撮影も又おつなものかも知れませんが、でもこれはちょっとなぁ~(^_^;) 
それに朝の早い時間帯の列車は渓谷でスピードを落としません。 
あ!っと言う間に通過してしまいますので、早朝の撮影を予定されている方は気を
つけ下さい。(笑)
Rikutousen_19hi_0708

↓次は19日1015頃通過した新庄行きの4725Dです。
個人的にはこの時間帯の光線が一番いい感じがしますが、いかがでしょうか。
(^^♪
Rikutousen_19hi_1015
↓結構気に入ったので横構図で!
Rikutousen_19hi_10152

今回は以上です。 なお、大深沢橋から線路が望める場所はそんなに広くは
ありません。 多分撮影可能な人は10名前後?くらいでしょうか。
ピーク時の混雑具合は分かりませんが、私は混雑を予想して脚立を持って行き
ました。(^_^;)  まぁ結局使わなかったのですが。(笑)
土日の紅葉ピーク時には早めの場所取りをお勧めします。 ちなみに最悪の
場合には人と人の間の足の隙間からも撮影が可能です。←(19日に一人発見)
◆ 撮影日 2008年10月18日、19日
◆ 撮影地 宮城県大崎市鳴子温泉→こちら

|

« 初秋の米坂線 その56 国鉄一般色 | トップページ | 紅葉の陸羽東線 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の陸羽東線 絶景!鳴子峡:

« 初秋の米坂線 その56 国鉄一般色 | トップページ | 紅葉の陸羽東線 その2 »