2020年9月23日 (水)

初秋の会津鉄道 その2

美味しい会津蕎麦はこんなところで栽培されていました。(笑) 画像では分かり難いかも知れませんが、線路を挟んで反対側にも広大な蕎麦畑が広がっています。 ただ、列車と絡めようとすると雑草が邪魔で・・・線路際が除草されたら間違いなく反対側からの撮影がお勧めです。 あ、バックに家屋等が写ってしまうかな。^^; 前言取り消し、バックに家屋が写ってもOKの方にはお勧めです。m(__)m
↓画像は田島高校前~会津長野間の会津若松行きです。

Aizutetsudou-923
◆ 撮影日 2020年9月21日
◆ 撮影地 会津鉄道田島高校前駅~会津長野駅間→多分この付近

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

初秋の会津鉄道 その1

会津鉄道では稲穂の他にコスモスと蕎麦の花を探してみたのですが、やはり簡単には見つかりませんよね。(笑) 探した範囲で偶然見つけたのは会津長野駅付近、密度は低いですがコスモスの花が咲いていたところが二箇所ありましたので、少しの間だけこの周囲で遊ばせて頂きました。(^^♪ ↓画像は田島高校前~会津長野間のトロッコ列車です。 会津鉄道のトロッコ列車には退避車が付いていましたので、退避車が付いていない風っこは本当にワイルドですよね。(笑)
Aizutetsudou-922
◆ 撮影日 2020年9月21日
◆ 撮影地 会津鉄道田島高校前駅~会津長野駅間→こちら

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

初秋の只見線 その9

昨日、今日は所用のため太平洋側へ出掛けていました。 でも、この四連休は道路、観光地、宿泊施設も結構混雑していましたので、新たな日常の定着と言うよりも感染が拡大する前の普通の日常に戻っていたようです。^^; 第三波が来ないと良いのですが・・・。
↓画像はは根岸~会津高田間の会津若松行きです。 所用のついでに途中下車して只見線と会津鉄道にちょっとだけ寄ってみたのですが、会津地方の稲刈りは始まったばかりのようです。 稲刈りの風景と蕎麦の花、天気が良ければ磐梯山もバックに入れたかったのですがさすがにそれは欲張りですよね。(笑)
Tadamisen-921
◆ 撮影日 2020年9月20日
◆ 撮影地 只見線根岸駅~会津高田駅間→このあたり

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

初秋の磐越西線 その6

稲穂の次は蕎麦? ちょっと安直過ぎるでしょうか。^^; ↓画像は山都~喜多方間の往路のばんえつ物語号です。 山都の美味しい蕎麦はこんなところで栽培されているようです。 もう直ぐ新蕎麦の季節、蕎麦好きにはたまりませんよね。(^^♪
Banetsusaisen-919_20200919210301
◆ 撮影日 2020年9月19日
◆ 撮影地 磐越西線山都駅~喜多方駅間→このあたり

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

初秋の磐越西線 その5

秋雨前線が停滞している影響で、今週末から来週にかけて曇り又は雨の天気が続くようです。 暑さが和らいだのは良いのですが、こう曇りや雨の天気が続くと少々うんざりしますよね。 予報が外れることを期待しましょう。(^_^;)
↓画像は日出谷~鹿瀬間の新津行きです。 猛暑のためうなだれ気味の向日葵さん達、誰でも今年の猛暑は堪えましたよね。(笑)
Banetsusaisen-919
◆ 撮影日 2020年9月5日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

初秋の只見線 その8

「縦割り行政、既得権益の打破」ですかぁ~このフレーズもだいぶ前にも聞いたような・・・。^^; それより「忖度」「お友達〇〇」を何とかして欲しいですよね。 でも、多分変らないのでしょうね。 都民ファーストならぬ国民ファーストの時代は果たしてやって来るのでしょうか。(笑)
↓画像は会津川口~会津中川間の会津若松行きです。 この俯瞰ポイントだと列車をどの位置に置くかで結構迷いませんか。(^_^;)
Tadamisen-917
◆ 撮影日 2020年9月7日
◆ 撮影地 「初秋の只見線 その1」とほぼ同じ(若干西寄りです)

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

初秋の磐越西線 その4

ここも稲穂が絡めることが出来る定番ポイントですよね。 ただ、稲穂が皆さんお辞儀をしていました。^^; 風の影響とも思えないし、米が付き過ぎたのかも知れません。(笑) 倒れた稲穂=豊作なのでしょうか。
↓画像は鹿瀬~日出谷間の往路のばんえつ物語号です。
Banetsusaisen-916
◆ 撮影日 2020年9月12日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

初秋の只見線 その7

水鏡シリーズ第二弾は只見線第二橋梁です。(^^ゞ でも、今回の水鏡シリーズはこれでディ・エンド。(笑) 次回は紅葉の風景と水鏡を絡めたいと思っていますが果たしてどうなることやら。 少々抜けている取らぬ狸さんは妄想だけは誰にも負けません。
↓画像は会津宮下~会津西方間の会津若松行きです。 ここの水鏡は何点? う~ん、75点。^^;
Tadamisen-915
◆ 撮影日 2020年9月7日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

初秋の磐越西線 その3

先日五十島の定番ポイントで話題になっていたのは「門デフ」。 専門的な知識が無いため詳しいことは分かりませんが、何でも車体の前方横についている板のようなものが変るそうです。 ちなみに門デフの期間は相当混雑するようなことを話していましたので、相当レアなのかも知れませんね。
↓画像は上野尻~野沢間の往路のばんえつ物語号です。 稲穂とSLのコラボも後僅か、稲穂が終るとそろそろ紅葉が始まります。(^^ゞ
Banetsusaisen-914
◆ 撮影日 2020年9月12日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

初秋の只見線 その6

川霧が無ければ水鏡で・・・まぁ、そんな上手い話は有りませんよね。(笑)  水鏡も川霧同様、結構難易度が高いアイテムです。 無風、それもほぼ無風では駄目で、完全な無風プラス川の流れが止まっていないと綺麗な水鏡をゲットすることは出来ません。 この条件に遭遇することが出来るのは、そうだなぁ~、10回通って1~2回程度でしょうか。^^;
↓画像は会津桧原~会津西方間の会津川口行きです。 この時も無風なのに微妙に川面が揺れており、出来としたら70点? いや、ホント、川霧も水鏡もなかなか奥が深い風景のようです。
Tadamisen-913
◆ 撮影日 2020年9月7日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

«初秋の磐越西線 その2